かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

悩ましいです。FPやファイナンシャル・アドバイザーは多すぎるのかも

今回は、フィンウェル研究所の野尻さんが書かれた『英国のIFAは儲かっているのか』を読んで、今後の自分のお仕事(FP)について考えさせられました。

イギリスの相談はコミッション(手数料)が廃止されフィー(相談料)のみ

少し説明させていただきますと、例えば投資信託の相談と言っても売上げは必要です。 一般的にその売上げは、コミッション(購入時手数料や信託報酬の一部)か、フィー(相談料)になります。
日本では、手数料主義(回転売買や手数料の高い商品の販売)になっていないかなど注目されています。

イギリスはといいますと、2013年からIFA(Independent Financial Advisor:独立系のファインシャルアドバイザー)の報 酬体系についてコミッション方式を全廃し、相談者からのフィー方式(相談料)のみとしています。
※2007年データですと、IFA経由での金融商品が約5割と大きく占めていたそうです。

その際、多くのアドバイザーが廃業したそうです。 それから5年後(2018年)のデータを野尻さんが取り上げてくださっています。

www.finwell.co.jp

イギリスの年間のアドバイス・フィー収入は2500万円くらい

紹介の記事を読んで頂きたいのですが、イギリスアドバイザーの収入は2500万円ぐらいだそうです。 ここから諸費用が掛かり、税金、法人税は20%、所得税の最高税率は45%のようですので、そこまで大きく日本と変わりはなそうです。
これですと、日本でも1人あたり2500万円の売上げがあれば、やっていけそうな印象を受けませんでしょうか。
そこで、ざっくりと比較して見ることにしてみました。

f:id:kaeru_onou:20200727155928p:plain

ご覧ただくと、。なんと比較しやすいことでしょう! 【総人口】【15歳以上の人口】【金融資産】などなど、日本はすべてイギリスの2倍程度の数字となっております。
単純平均ではありますが、1人当たりの資産は約1700万円とほんと比較しやすい数字ですね。

イギリスと日本の金融資産を、少し強引ですがアドバイザー人数で割ってみたいと思います。
アドバイザー数は、生命保険協会から営業職員の人数、日本証券業協会から外務員の登録数、FP協会からCFP,AFPの認定者数から抜き出してみました。

複数の登録をしている方がおられると思いますので、個々の業界で見たとしても、日本のアドバイザーと呼ばれる方は、ちょっと多すぎる印象をうけますがいかがでしょうか。
しかもこれに加え、いずれに登録していないアドバイザーもいるわけです。
日本の金融資産の大きさ、日本の金融資産は1900兆円、しかも現預金が50%を占めているといわれています。金融業界にとっては大きな市場と言えるかもしれませんが、アドバイザーが生き残っていくのはこれから、もっと大変になっていくのかもしれません。

個人型確定拠出年金の途中経過(2020年6月)

前回の報告より3か月経過したので iDeCo(個人型確定拠出年金)をチェックしてみました。
約264万円の拠出(管理手数料など控除前)にたいして約430万円。前回の報告が360万円でしたので、かなり戻してきましたね。 びっくりなリバウンドでございます。

制度を利用されている方に耳寄りなニュースががございます。 先日、iDeCo(個人型確定拠出年金)やDC(企業型確定拠出年金)の改正法が成立いたしました。 2022年から、より制度が使いやすくなります。

まだ中身を精査しきれていないので勉強中でございます。 制度を活用する人としない人の差がますます広がりそうで心配でございます。
多くの方に活用いただけるよう、発信も頑張ってまいります!

f:id:kaeru_onou:20200701011555p:plain



 

iDeCoはSBI証券を利用しています

search.sisec.co.jp

 

2020年6月末 運用状況

3月の暴落、あれはなんだったんでしょうか。 なかったような感じになってびっくりしております。
びっくりしたのですが、ある程度戻ったことでホッとしています。

さて6月、もう半年が終わってしまったんですね。 その事実に驚愕しております。
6月は投資よりも、今さらながらですが、自己投資の月だったような気がします。 まだまだ仕事も情勢も、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のせいで落ち着きませんが、新しい方法をしっかりと考えていきたいと思います。

2020/6 運用状況
  先月末 今月末 前月比 年初来
かえる資産     1.63% -8.83%
TOPIX 1563.67 1558.77 -0.31% -9.45%
マザーズ 982.43 1012.11 3.02% 12.77%
S&P500 3029.73 3053.24 0.78% -5.76%
EAFE 59.85 60.98 1.89% -12.44%
EEM 37.09 40.12 8.17% -10.98%
 

f:id:kaeru_onou:20200701011437p:plain

 




買い:なし、積立投資継続中
売り:ウェルビー(一部)、クミアイ化学(一部)、トレックス・セミコンダクター(一部)
上位5銘柄:
エーアイテイー、オーウイル、ニチリン、Casa、クミアイ化学(順不同)

FUNDINNOを通じエンジェル税制を使いつつ初めての出資

株式投資型クラウドファンディング

クラウドファンディングとは、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語で、不特定多数の人がインターネット経由で、趣旨に賛同した人から資金を集める方法になります。

fundinno.com

クラウドファンディングにも色々とタイプがあるのですが、今回は株式投資型のクラウドファンディングを通じて出資をしてみました。
株式投資型の多くは、リターンとして「資金提供先の企業の株式」を受け取るタイプになります。
そもそもですが、クラウドファンディングは、さまざまはリスクがあります。

ipomechanic.com

畜産と農業をITの⼒でアップデート!儲かる”畜産”の仕組みを創る「コーンテック」

農業・漁業・林業、畜産業などに興味があります。 生活に密着していますしね。
ただ自分では、なかなかそのような仕事はできないので、このような機会を使って応援していきたいと思っています。

f:id:kaeru_onou:20200629232817j:plain

もちろん、応援&株式としてリターンに(少しだけ)期待していますが、後押ししてくれたのが、エンジェル税制です。
エンジェル税制とは、ベンチャー企業への投資をサポートしてくれる制度で、一定の金額を所得などから控除してくれる制度です。 少しふるさと納税に近いイメージです。

投資をしながら節税をできるのが、個人的には大きいポイントですね。
f:id:kaeru_onou:20200630204805p:plain

投資で抑えたいのは『コストと税金』。 なかなか税金を抑える手段はないのですが、個人的にはピッタリな制度ですので、活用していきたいと思っています。
今回の投資は、気の長くなりそうな感じですが、将来に期待したいと思います。

日経ヴェリタス6月21日,28日号に取材が掲載されました

www.nikkei.com

r.nikkei.com

具体的な金額は出していないのですが投資のキッカケなど、なかなか恥ずかしい内容まで掲載いただきました。 顔まででちゃっているので、より一層悪いことができなくなりました。
あとは成績までついてきているとカッコいいのでしょうが、そんなに順調ではございません。

自分の強みを打ち出せずにモヤモヤもしております。
個別株、もしくは投資信託。どちらかに絞るほうが、専門を打ち出すことができ、FPとしてもブログとしても、もしかすると成績も良いのかもしれませんが、併用でこれからも続けていきたいと思います。
投資は他人との戦いではなく自分との戦い。 よく考えるこの頃です。

最後にこぼれ話。 一点、取材いただいた井口記者にわがまま言って「すごい経営者や企業に投資できるというのが投資の良さでもあります。」を入れていただきました。
日本株、米国株、インデックスファンドにアクティブファンド、いろんな考え方はあるかと思いますが、ここだけは大事な共通項だと思っています。みなさま、これからもお手柔らかにお願いいたします。

若い方、ぜひ手に取って! 『一般論はもういいので、私の老後のお金「答え」をください!』

「年金なんてもらえない」と思っている女子がやるべきこと!

本のそでに書かれていたのですが、もっと前に”この”やるべきこと知りたかったです。
28歳のころに国民年金の満額の金額を知って呆然としたのですが、その頃に読みたかった書籍を、著者である井戸美枝さんから頂きました。

一般論はもういいので、私の老後のお金「答え」をください!

一般論はもういいので、私の老後のお金「答え」をください!

  • 作者:井戸美枝
  • 発売日: 2020/04/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 


お金を考えていく上で、これまでと違い"いろいろ"が増え、悩ましい状況になってきているように思えます。

  • 働き方が変わった。転職も当たり前になった 👉 いろいろ
  • 共働きも増えた、独身も増えた 👉 いろいろ
  • お得な制度は増えたけど、複雑になってきた 👉 いろいろ
  • なかなか一般論だけではまとめられない
  • 結論:より制度をしっておく重要性がましてきた

心配にならなくても大丈夫です。井戸さんが図解を交えてわかりやすく解説してくださっています。
会社員やフリーランス・自営業。シングル、派遣社員など、さまざまなライフスタイルの年金額がシミュレーションされています。
公的な制度を知っておくのは、こんなにもお得なことに気づいて頂ける一冊となっています。

  • CHAPTER1 お金に困らない人生のルール
  • CHAPTER2 私の年金、「答え」をください!
  • CHAPTER3 「老後のお金」年代別 TO DO リスト
  • CHAPTER4 iDeCoとつみたてNISAで「じぶん年金」
  • CHAPTER5 年金を増やせる!受け取り方&働き方
  • CHAPTER6 「年金不安でカモられないために知っておくべきこと
     (慶應大学商学部 権丈善一教授との対談)

個人的には CHAPTER2 がおすすめ!

年金、公的年金保険について詳しく書かれています。年金の仕組みや、納めた保険料と受取る年金額。などなど、社労士でもある井戸さんがしっかりと疑問に答えてくれています。
気づくのが遅かった僕が言うのもなんですが、ほんと年金制度はインプットしておいてください。

他にも、年金の増やし方など、裏技として紹介されてしまうことが多いのですが、選択できるのがあたり前となった年金の受けとり方や、年金額の増やし方を解説してくだされています。
大事なのは、先に知って用意しておく。ですね。

f:id:kaeru_onou:20200623232216j:plain
f:id:kaeru_onou:20200623232153j:plain
一般論はもういいので、私の老後のお金「答え」をください!より

数字はウソをつかない

まえがきに書かれていました。

現状を整理し、計算してみてください。数字はウソをつきません。数字が示す「私のお金の問題点」を素直に受け入れ、改善策を考え、実行していきましょう。

と書かれていました。まさにその通りだと思います。 生活も制度も変わっていくかと思いますが、状況を確認していけば安易な情報に惑わされることもなくなるかと思います。

ただし、知るだけではモヤモヤは解消されないかと思いますが、書かれているように実行していってください。 もし困った時は、FPの存在を思い出していただければと思います。
しっかりと自分の仕事を頑張っていきたいと思います!

あの頃に"投資"に出会って良かった、今でも投資に助けられてます

f:id:kaeru_onou:20200623200915j:plain

お恥ずかしいですが、男の嫉妬はみっともないけど嫉妬ばかり.....

まだまだ投資で成功しているとは言えませんが、投資にずいぶんと助けてもらっています。
ネットの発信力の高い方を見ていると、はっきり言って"嫉妬"ばかりでございます。 資産では追い抜かれ、入金力の差を見せられ、学歴に押しつぶされています。
少しだけ僕に強みがあるとしたら投資を少し長く続けている。と言うことでしょうか。

投資に助けられたと感じている理由

18歳で社会に出て、19歳で父親になり、そこからはとりあえず”生活する”が目標でした。
28歳のときに、国民年金の満額の受給額を知り、はじめて自分のおかれている環境に気づきびっくりしました。

それをキッカケに、お金、特に投資の勉強をスタートしました。 個別株から入り、投資信託も併用する投資スタイルにたどり着いたわけなんですが、本当にすごいと思ったのは、

個別株であれ、投資信託であれ、
世の天才やすごい企業、すごい経営者に投資することができるんです。 投資することで代わりにお金を成長させてくれるんです。 すごい仕組みですよね。
もちろん失敗、損をすることもあるんですが、はっきり言って自分で事業をするより何万倍も確率が高い方法だと思っています。

さらに凄いのは、時間をかけると失敗する確率が下がっていくんです!
おかげで、このようなショック時にも心は穏やかではありませんが、右往左往せず狼狽することなく投資を継続できています。

極めつけは、これは個人的なことですが、書籍出版の機会めぐまれ、FP(ファイナンシャルプランナー)として転職もしてしまいました。 ビジネスにまで繋げることができたのは本当に幸運だったと思います。
投資がほんと公私の一部になっています。

『ビジネスエリートになるための教養としての投資』に感化され、あの頃を思い出しました。

はい、ファンドマネージャーの奥野一成さんが書かれた『ビジネスエリートになるための教養としての投資』を読んだからなんです。

これからも投資を武器に自分なりを出していきたいと思っていますし、僕自身、日本の未来は明るいと思っています。だった投資がまだまだ広がっていないのに、これだけ強いんですから。 少し閉塞感のある感じもしますが、みなさんと一緒に未来を明るくしていけたらなと思っています。

ビジネスエリートになるための 教養としての投資

ビジネスエリートになるための 教養としての投資

  • 作者:奥野 一成
  • 発売日: 2020/05/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

こちらもおススメです。
投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書)
武器としての決断思考 (星海社新書)