かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

投資家

投資手法をちょっと確認

さて、ハチャメチャな運用で投資を楽しんでいる僕に、なかなか興味のあるコンテンツがあったので拝聴。 角山智の『バリュー投資を超えた資産運用におけるフレームワーク』 個人投資家であり、バリュー投資家である角山さんのセミナーです。マネックスのセミ…

パッシブ運用に期待すること

さて、僕は一応国際分散投資をしていますが、日本株については、個別企業を見て投資をしているので、いわゆるアクティブな投資家だと思います。 一方で、「市場の平均」はアクティブな投資家にとり、長い目でみれば非常に厚い壁ですし、楽ちん投資ができるパ…

販売動向等の数字

[メモ] 不動産銘柄に投資する目安の補足。

不動産銘柄に投資する目安

ちょっとよく判らないんですが、作ってと言われたので、2004年(2005年)から2008年06月までの不動産関係の数字をグラフにしてみました。とりあえず、新興不動産企業はしんどい感じを受けますね。タイトルはこれで良いのか少し疑問です.... オフィス空室率(都…

中国市場のちょっと不思議

以前は好調と言われたBRIC'sもさすがに二極化していますね〜。ブラジル、ロシアが好調でインドと中国が大きく下げているのですが、中国について面白い記事発見したのでメモメモ・・・・。 中国市場でも日本の企業と同じく、株式の持ち合いが問題に上がってい…

新興国にとって原油ってどうなんでしょ?

最近、年金積立 インデックスファンド海外新興国株式が多く取り扱われて話題になっていますね。確かにエマージング諸国の期待されるリターンは魅力的ですので、飛びつきたい気もしますが、一つ気になる事があります。 新興国にとって原油価格って影響あるの…

持ち株Now!!

ちょっとシーゲル教授を読んだので([書籍] 株式投資の未来)、自分なりに把握しておきたいと思います。 まずは、ここ10年ほど、世界は相関しているとあったので、アメリカと日本、英国、ドイツの10年を比較してみました。詳しい事は判りませんので、ETFで簡単…

LV&HERMESの違い

今回は、あまり投資に関係ないような気がしますが前から思っていたことを・・・・。 投資好きな方は、ブランド嫌いな方も多いのではないでしょうか・・・・(笑) 僕は結構好きなんですが、日本で荒稼ぎしているヨーロッパブランドの2大巨頭と言えば、Louis Vu…

自社株買いで気になること

自社株の消却を勘違いしていました。 ちょっとイー・アクセスから煽り的なIRが出ていたので、プロのお言葉を借りて注意書きをしておこうと・・・・。 イー・アクセス 自己株式を消却、資本効率と株主利益が向上 僕も以前では、自己株式の消却は経営の効率に…

自分も資産配分を考える

アセットアロケーションのアンケートを取ってみて、改めてみなさんの外国株式への比率が高いと感じました。 で、僕も外国株式のインデックスへと投資比率を上げたいと思ってきていましたが、現状を考えるとそんなすぐには動けない・・・・。 ゆっくりと近づ…

ゆうちょ銀行の投資信託の具合

ちょっとゆうちょ銀行の投信に一時期の勢いが無くなったので、ちょっと調べてみました。 なんの役にも立たないと思いますが・・・・・。 勝手な推測ですが、郵ちょ銀行で投信を購入される方の中には、あまり投資に積極的ではないけど今後を考えて・・・。と…

アメリカがマイナス金利?

アメリカがマイナス金利と言う話があるのですが、CPI?コアインフレ?はっきり言って判りません!なので簡単にメモをしておきたいと思います。 よく判りませんが、実質金利というのを算出しなければいけません。式自体は至って簡単です。 実質金利=FF金利*1…

1ドル100円割れたのですが、

1ドル100円割れましたね。さて、どうしましょ? 13日の東京外国為替市場で、円相場は一時、1ドル=99円台後半まで上昇し、1955年10月以来、12年5か月ぶりに100円を突破した。 米経済の先行き懸念などを背景に円買い・ドル売りが加速した。東京株式市場は全…

大きく買うには理由がある

上場企業の株式を5%以上保有した場合、金融庁に届ける必要があります。「5%ルール」と言われますが、影響が大きいって事ですよね。 で、今回も自社株買いデータベースのお話なんですが、5%以上の購入をしている企業があったので、少し取り上げてみたいと・…

リテラシーを高めるのにおすすめサイト

今回は、僕が個人的にオススメする、金融リテラシーの高めるのにきっと役に立つサイトを紹介したいと思います。先にお断りさせて頂きたいのですが、僕の考えとして、投資に少し興味を持てば色んな事が見えてくると思っています。物価が高くなった。保険って…

金融リテラシーの高め方

皆さん、金融リテラシーの具合はどうでしょうか? リテラシーとは、読み書き能力や識字能力。ある分野に関する知識、教養の事を言いますので、金融リテラシーの場合は、お金に対する知識と言えます。 色々と噂になっていますが、言葉巧みにやってくる投資詐…

勝手に"はてな "の資金について考える

僕が色々とサービス使っている、はてなが米国から京都への移転で色々と話題になっています。 【プレスリリース】株式会社はてな、本社を京都に移転、ものづくりの拠点を結 米国から京都へ はてな近藤社長の真意は (1/2) - ITmedia News 特に僕の中で、はてな…

スクリーニングをもう少し頑張る

PBR1倍割れでもハズレを引きたくない。で、なんとなく、頼りない銘柄が多かった気がするので、続きです。 東大卒医師が教える科学的「株」投資術posted with ヨメレバKAPPA 秀和システム 2006-08 Amazon楽天ブックス Mc.Nの投信都市のMc.NさんにKAPPAさんの…

PBR1倍割れでもハズレを引きたくない。

株価が至るところで下がっていますね〜。で、たまにはスクリーニングでもして銘柄を探してみようかと....。 一般的にPBR1倍割れ企業は割安と言われていますね。1株当たりの純資産価格が株価を下回っている状況なので、株価より解散した場合の純資産価値の方…

マンションの在庫がつらいです・・・・。

[メモ] 最近のマンションの売れ行きで、マンションの販売動向を調べていましたが、気になってた、マンションの完成在庫数の推移をちぎっては投げのyuraku_loveさんにサイトを教えて頂きなんとか作れました。 毎年12月に多くマンションが販売され、1〜3月に販…

投資家の卵の高校生さん、先生へ

MoneyConnection (マネーコネクション) ニート予防をめざした金銭基礎教育プログラム タイトルに非常にお役所的な感じを受けるのですが、高校生みなさんは、素直に学んで欲しいと思います♪ 今回はサポート団体を見てみますと、世界のコングリマリット Genera…

違う目線からも少し反論してみよかと....

梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーの水瀬さんの所で、盛り上がっている話題を見つけたのですが、すこし腑に落ちない所があったので、自分なりに整理したいと思います。 ああ、わかってくれとは言わないが、そんなにインデックス投資が悪いのか (その1) …

日本の投信残高

円高が凄いですね・・・・。一時107円までやってきました。 外貨の投資信託を保有している方もおられるとは思いますが、いったいどれぐらいの資産があるのでしょうか。 と、調べてみましたら社団法人投資信託協会が数字を公表していました。 では、少し数字…

どこもかしこもサブプライム

外貨運用先の第1弾として30億ドルの出資を決めた米投資会社、ブラックストーン・グループの株価が、サブプライム(高金利型)住宅ローン焦げ付き問題で低迷しているためだ。中国の経済専門サイトは14日、約7億4400万ドル、日本円で約818億円の評価損が出た…

新興市場の最近

新興企業向け株式市場を運営するジャスダック証券取引所が22日発表した07年9月中間決算は、一般企業の売上高にあたる営業収益が前年同期比30.3%減の38億円、本業のもうけを示す営業損益は赤字1億円(前年同期は黒字16億円)だった。 不祥事続発などによる…

現在の投資状況見て反省......

少し自分の投資状況を見直しておこうと思います。 預金以外の投資として初めての投資となりますと、7年近く前に契約した個人年金になります。 養育費を払いながら、気ままな一人暮らしをしたりと個人年金以外は何もしておらず、今となっては反省しています..…

たまには海外に目を向ける

なんかアメリカ市場というか、金融市場に元気がなくなって来ているような気がするので、またGoogleさのサービスを使って為替を表示してみました。 もしかすると、お小遣い投信を買うチャンスが来るかもなんて考えています。先進国の状況はBlogで海外ETFを紹…

物価の上昇と外貨投資をくっつける

ふと、ひっきーさんにお会いした時に話していた事を思い出したので、自分なりに整理してみようかと・・・・。 行き過ぎた外貨投資はインフレリスクを高めてないかなと・・・・・。 最近、物価の上昇が近づいている感じがしまよね。外貨投資が要因の1つである…

土地の価格も一服したきたよう

シーズクリエイトを保有していたせいもあり、不動産銘柄が少し気になっています。 PER 5倍割れなんて銘柄もあり、数字では判らない所まで売られている感じがします。 とりあえず、ネットをウロウロしていて判った事は、特に欧州系のファンドが手を引いている…

中国市場はとりあえず元気

日本市場に、元気な声が聞こえてこないですね....。海外市場の顔色を窺ってばかりで、寂しいかぎりです。 で、一歩目を外に向けてみますと、相変わらず中国市場は元気です。はっきり言って羨ましいですね。 29日付の英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は、…