かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

気になる確定拠出年金のラインナップ

これでコスト削減をしますで、確定拠出年金の検討を始めましたが、各銀行で取り扱っている商品が違うので注意が必要なんですが、低コストの投資信託を揃えている銀行もあります。
まとめには、ナンピンマンさんの、確定拠出年金の商品を比較 一番お得な運営管理機関は?が非常に参考になりました。

で、特に気になっている【鹿児島銀行】さんのラインナップをちょっと紹介です。

鹿児島銀行の低コストなパッシブファンド
  現在の信託報酬 上限 純資産
野村日本国債インデックス 0.3150%(0.30%) 0.42%(0.40%) 17億
野村外国債券パッシブ 0.3675%(0.35%) 0.5775%(0.55%) 4.6億
DC・ダイワ日本株式インデックス 0.2625%(0.25%)   192億
DC・ダイワ外国株式インデックス 0.2625%(0.25%)   56億

と、なかなか安いファンドが揃っています。複利の足を引っ張るのはコストだと思うので、ここを抑えて老後に期待したいと思います。

あと、先日のコメントでポッキーさんが書いてくださったのですが、コストを抑えてくれるポイントとしてファンドの売却益が出た場合や、配当についても非課税となっています。
なので、売買手数料がリターンの敵と言ったポイントも取り除く事ができます。

そんな訳で、次は捕らぬ狸のなんとやらですが、ちゃんとメリットがあるかをチェックしておきたいと思います。(解約できないので、ガッカリする内容でも困りますので・・・・。)