かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

確定拠出年金の拠出引き上げに期待

来年からのNISA(少額非課税制度)で盛り上がっていますが、個人型の確定拠出年金を利用している僕として、うれしいニュースが上がっていました。

運用の成績に応じて受け取る年金の額が変わる確定拠出年金(日本版401k)で、政府は企業・個人が毎月出す掛け金の限度額を引き上げる方針だ。企業が単独で出す場合でいまの月5万1千円を6万円程度にして、全体として2~3割引き上げる案を検討している。自助努力で老後の備えを増やしやすくするとともに、預貯金を株式や債券に振り向ける「貯蓄から投資」への流れを後押しする。

 年末にまとめる2014年度税制改正に盛り込む予定で、厚生労働省と財務省で金額を含めた調整に入った。14年秋の施行をめざす。

確定拠出年金、掛け金上限上げ 来秋にも2~3割  :日本経済新聞

確定拠出年金のメリットは、掛け金が所得控除になる、運用や配当益は非課税、受取時も優遇ありと、大きなメリットがあります。
基本的には途中解約できない、特別法人税が高い(現在は凍結されています)などの注意点もあります。

最近、セミナーで紹介することが多いのもあるからでしょうが、相談でも確定拠出年金に関することが多いです。 「低コストな商品を活用する」これは資産形成の大事なコツだと思います。

Amazon.co.jp: 金融機関がぜったい教えたくない 年利15%でふやす資産運用術: 竹川 美奈子: 本
ama.png