かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

投資の「72の法則」にはちょっと注意

7%のリターンが10年続くと資産は2倍」 複利の効果として、色んな本で書かれています。よく投資のセミナーやFPさんのセミナーでも紹介されています。

「72の法則」と言って紹介されるかと思います。 "利回り"か"投資期間"が判れば資産が倍になる条件、複利の効果が簡単に判るというものです。
72÷7%=約10年とか、72÷10年=約7%という使い方をします。

しかし、僕はこの複利の効果として、10年で2倍っていうのは"あまり"言わないようにしています。 セミナーでしゃべる内容、相談の内容などによって変わるのですが、僕の場合、投資と言っても一括投資ではなく積立て投資を紹介することが多いからです・・・。
200万円を投資した場合、10年後には393万円となります。確かに約2倍になっています。

例えば、16,667円を積立てた場合、元本は16667×12×10=約200万円になりますが、10年後の結果は約296万円となります。 実は約1.5倍にしかなっていないのです。
一番最初に投資した16,667円は2倍にはなりますが、積立ての場合はふえ方に時間が掛かることを知って欲しいと思います。

ですから、なるべく早く投資する方が増えるかもしれませんが、投資するタイミングによっては損をする可能性もあります。 一括投資も積立て投資もいい方法なのですが、リターンに差がでる投資方法なので、誤解をしないように気を付けて欲しいと思います。