かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

SBIの一歩前進一歩後退

いつまで経っても怪しいSBIホールディングスですが、開示が出ていたので少しチェックです。一時に比べ大人しくなった気がしますが、やっぱりチョコチョコと・・・・・。
はやく、しっかりとした企業へと期待しています。

さて、出てきた開示ですが、

NIKKEI NET:経済 ニュースより引用

住友信託銀行とSBIホールディングスは11日、両社合弁のインターネット専業銀行の準備会社の資本金を50億円増やし90億円にしたと発表した。準備会社「SBI住信ネットバンク設立準備調査会社」が実施した株主割当増資を引き受けた。

ネット銀行が順調に進んでいると判断していいのでしょうか、証券では、イートーレド証券SBI証券があるので、ある程度のしっかりとした基盤があります。

ですが、ベンチャー投資の色がまだまだ濃く、たまに不透明な部分が見え隠れしいまいち信用に欠ける企業な感じがしています・・・・・。

銀行、証券、保険を収益の柱に据えた、しっかりとした企業になって欲しい物です。


NIKKEI NET:ベンチャー ニュースより引用:

SBIホールディングスとインターネット総合研究所は16日、SBIが株式交換でネット総研を完全子会社にするとの昨年11月の合意を白紙に戻すと発表した。ネット総研は2月16日に開く予定だった臨時株主総会を中止。両社は株式交換比率などの合意内容をいったん撤回し、改めて経営統合に向けた話し合いを始める。

さて、これはどう判断して良いのか判りません。

インターネット総合研究所の技術力、その他魅力的な子会社は惜しい気がします。

ですが、撤回になった理由は、子会社のIXIがIXIの半期報告書提出の遅延で、管理ポストになっています。これが問題となっているので、企業の姿勢としてはしょうがない判断だと思います。

少し前にもイーホームズの件でもがっかりしたのですが、ホント素直に行かない会社です。

僕の一番の希望としては、自社株を使っての株式交換による子会社化を希望します。これ以上株を発効するのだけは勘弁してほしいものです・・・・。