かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

小型株のを思い出す

ちょっと面白そうなデータがあったので、どーん!と言うか、データ抜き出してちょっと比較してみました。
401kでしか買えなかった信託報酬の安い日経225に連動したインデックスファンドが一般にも発売と色んなブログで拝見しますが、乗り遅れたので、ここはあえて・・・・(汗)

僕は小型株やバリュー的な銘柄が好きなので、その目安となりそうな指数。 まぁーそれがどんな成績なのか気休めでチェックです。(指数に投資しているわけではないので・・・・。)
参考サイト: Russell/Nomura 日本株インデックス - 野村證券金融工学研究センター

1980年〜2009年4末
アセットアロケーション

2008年〜2009年4末
アセットアロケーション

直近1年のTOPIXと1312.Russell/Nomura Small ETF
アセットアロケーション

まぁー日本でも、バリュー銘柄や小型株の優位性はあるようです。 個別株でする場合も単純にあてはるかと言うと、やはり指数以上に廃れていく銘柄も成長していく銘柄もあるので、なんとも言えませんが、まぁーチャンスはあるって言う感じなのですかね。
僕としては、今までどおり(成績は別として)、バリュー銘柄や、小型株で面白そうな銘柄に投資していきたいと思います。

で、信託報酬安さや流動性の方に目が行き勝ちですが、国内にもTOPIXより成績の良いインデックスファンドもあるんですよね。 やはり小型株の成長力って言うところにも目を向けて行きたいと思います。(グロース株を保有し続けるのはあまり得策ではないようですね・・・。)
ここら辺は僕は結構、シーゲル教授(株式投資の未来〜永続する会社が本当の利益をもたらすamazon)の著書でも書かれていますね。

ETFに関しても、今まで流動性で問題があった1318.TOPIX Smallも売買単位が下がって1万円前後で買えるようになりそうなので、なかなか魅力的な商品になりそうな感じですね。

僕としては、バリュー指数に連動したETFをものすごーーーーーく期待しております♪