かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

他人様の貯金 (1)

貯金ってというか、貯蓄はあまりないのですが、ないなりに他の人の額が少し気になります・・・・。
そんな訳で、投資信託を含む金融商品関心層対象の全国調査結果なるものを見つけました。

あんまり気にしてはいけないと思いつつ、気になる、気になる・・・・・。

【年齢別の保有貯蓄総額】

資産状況

※ 自分の年齢が30代ということで、20代、30代、40代を抜き出してグラフを作っています。

独身かどうかや年収で貯蓄額は大きく変わってくると思いますが、20代で9割近くが300万円。30代で8割近くが300万円。残り1割強が500万円までの貯蓄になっているようです。そして、残りがリッチマンになっているようです(汗")

あぁいつのまにやら30代・・・・。とりあえず頑張りたいと思います!

世代の中央値を見てみますと、
  • 20代 100万円未満
  • 30代 300万円未満
  • 40代 500万円未満
となっています。20代の殆どの方が100万円未満、30代で300万円未満が平均というのは、なかなか怖い感じがします。
少し考えますと、このアンケートは半数しか答えが返ってきていないので、実情はもっと低貯蓄の感じがします。やはりどんどん格差は広がっているのでしょうか・・・・。

で、簡単な推測をしてみますと、大卒の方が30才まで働いて500万円を貯めるには、

8年勤務×12ヶ月×5万円=480万円あたりが月々の貯蓄の目安なんでしょうか・・・・?

簡単に月5万円といっても、それをずっと続けて行くのは大変と思います。何があるか判りませんし。

で、長い目でみると複利が大切です。

10、20年前は預貯金の利子も大きく、貯金でも真面目にしていれば資産はゆっくりとですが増えて行っていました。

これまた、簡単な計算をし結果を書いてみますと、

8年勤務×12ヶ月×5万円を複利5%で運用すると、602万円となり、100万強の差が付いてしまいます。

僕は結構無駄遣いをしてきた人間なので、その点は少し後悔をしています。

なので、ハッキリ言って遅いのですが、少し頑張っています・・・・(汗")

みなさんも、賢く遊んで、賢くお金を貯めてください!

他人様の貯金 (2)