かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

騰落レシオ

株式サイトやニュースを見ていますと、騰落レシオと言う文字を目にする事があるとおもいます。

市場の過熱感を判断する指標とされています。

計算式については、

 ・騰落レシオ = 値上がり銘柄数÷値下がり銘柄数

となっています。だいたい5日か25日という期間を取って、それぞれ5日騰落レシオ、25日騰落レシオと呼んでおり、

5日騰落レシオは短期的な市場の過熱感、25日騰落レシオ中期的な市場で過熱感を判断したりしています。

重要な判断

特に25日騰落レシオから、70%前後が底値圏、、120%以上ならばかなりの危険水域と判断されています。

ですが、いくら指標が70%や、120%の数値を出してきても、個別銘柄を判断する材料としては通用しませんし、

トレンド(需給)が優先される事があるので、あくまで相場の流れとして見る指標となっています。

ちなみに、僕の予想よりは当たります・・・・・(笑)