かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

犯行予告共有サービスは凄いと思う!

先週、秋葉原で大きな事件があり、これからさまざまな対策が行われていくと思います。
Twitterやはてな、2chも見ているので、監視されていくのでしょうか。
犯罪や自殺を防ぐ部分においては、やはりそう言ったシステムみたいな物は必要だと思います。

 増田寛也総務相は11日、インターネット上の犯罪予告を検知できるソフトウエアの開発費を、来年度予算の概算要求に盛り込む方針を明らかにした。同日開かれた、東京・秋葉原の通り魔事件を受けた再発防止のための関係閣僚会議終了後、記者団に語った。
 開発が検討されるソフトは言語技術を応用し、違法・有害情報の検出精度を向上させるもの。通常とは異なる急激な書き込みの増加や、自殺や殺人予告などの言葉を使った議論の流れなどを分析し、犯罪につながるような情報を認知できるようにする。業界関係者によると、ソフト開発には少なくとも数億円の費用が掛かるという。
犯罪予告検知のソフト開発へ=来年度予算で要求−通り魔事件受け増田総務相(時事通信) - Yahoo!ニュース

で、来年度の予算に防止ソフトの費用を要求しようとする動きがあるそうです。
非常に早い動きですよね。

ですが、

そんなシステムを1人の方が作ってしまいました。

数億円がかかっているわけではないので、完璧なものではないと思いますが、「自動で情報を収集する」、「人の手によって通報する」を上手く組み合わせ、犯罪等を各所に通報し未然に防ごうとするシステムを作られたんです。

 予告in - 犯行予告共有サービス

国が言われるがままの税金を使い、出来上がりは1年も2年も先・・・・・。
それよりも、こう言ったシステムがあるほうがよっぽど、役立つのではないでしょうか。お偉いさんはきっと、こういったシステムを稚拙だと言うような気がします。

それよりも、このようなサービスが動き出し、一つでも傷つけられる人が少なくなることを期待しています。

こんなサービスが動き出した事に非常に感謝です

国の方もこう言った動きを認める姿勢を出して欲しいです。

 予告in - 犯行予告共有サービス

ほんと、良い取り組みだと思うので紹介させて頂きました。