かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

ひふみ投信のお話

先日、ひふみ投信さんのセミナーに伺ってまいりました。 今回はポッキーさんとご一緒です♪
で、先に率直な感想を書きますと、満足させて頂きほんと楽しい時間でした♪

19:00からの2回目に参加したのですが、1/3は同業者さん・・・(笑) 注目されているようですね。
みなさんの質問も結構突っ込んだところまであり、ファンドマネージャーの立田さんがなんとなく嬉しそうに喋っておらられるのが印象的でした。


印象的な所は、「プロとして、みなさんが悩まないように頑張りたい。」

ちょっと不思議な感じがしますよね。
どう言った事かと言いますと、
「凄い、あっという間に倍になった。」と言った運用ではなく、「なるべくゆるやかに右肩上がりが続く運用をしたい。」との事でした。 それならお客さんは、いつ買って良いか悩まなくても良いですし、いつ解約してもプラスになってお役に立てる。 と言った運用にしたい。との事です。 

非常に良い運用方針だと思いますが、僕としては制約などがあるの大変かなーと思っていました。
で、右肩上がりためには、大手ようなの今までの運用では難しいので、現金を半分までにできるようにし、いざと言う時に突っ込める運用方針にしているようです。 そして、直接販売をして、信じて託して頂けるファンドを目指しておられるようです。
ギャンブル的にと言うことではなく、長期投資だからと言って、買って保有しておくだけでなく価値と価格の部分にチャンスがあるのであれば、それをプロとしては取り行くべきだ。と、考えておられるようです。
少し前に行った、おふくろファンドさんのセミナーとは、個別投資、ファンド・オブ・ファンズの違いはあれど、減らさない、チャンスに乗る。と言う感じのようです。

個別投資としては、ありがたく参考にさせて頂きたいと思います♪


債券、株と色んな運用をしてこられているので、立田さんの相場感なども聞かせて頂きました。
そう言った面では、同じアクティブファンドの雄、さわかみファンドさんに比べると、もう少しアクティブな感じを受けましたが、
ご自身&ご家族でも、ひふみ投信に投資をされておられ、みなさん、そして自分のためにも右肩あがりの運用を目指していくとの事でした。
当たり前ですが、危ない運用もできないし、適当な運用もできないって事ですね(笑)


あと、ちょっと勘違いしていたのが、内需株ファンドって所でしょうか。
基本的には、中小型株をメインに、大きくなってから大型株や海外株という事のようです。
で、円高であっても強い企業(円安円高関係なく強い企業って意味だと思います。)に目を向けると、製造小売り(SPA)な企業が多くなっているとの事でした。円安になる時はまたそう言った運用に変えていくが、見通しとして円高でも強い企業を買っていると言うことでした。

hi・fu・mi最初はちょっとプロって所を前にだされる方だナーと思っていましたが、最後にはなるほどに、なるほど・・・・・と。
やはり個人投資家に景気や相場を読むってやはり難しいなんだろうなーと思いましたし、立田さんの運用方針に期待したいと素直に思ったです。
(口座はまだ持ってないんですが、開設しようかと...)
HP:ひふみ投信さん