かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

「預貯金に勝つのが目標」にしている言い訳

さて、すごーーーーーい緊張の日々を送っていましたが、無事(?)ひふみ投信さんのセミナーが終わりました。
僕目当てではないのは判っていますが、セミナーで耳を傾けて下さったみなさん、そしてひふみ投信の関係者のみなさん、本当にありがとうございます。 非常に貴重な体験をさせて頂きました。 ちょっと成長できたかも!
へっぽこなりにですが、投資、そして投資と生活のことで色々と悩んで来たことを素直に話させて頂きました。

で、少しだけ自分のスタンス「預貯金に勝つのが目標」をお話しさせて頂きましたが、これについて少し補足しておきたいと思います。
なぜ、「預貯金に勝つのが目標」を考えているかと言いますと、

  • へっぽこ投資家なので、目標は低いんです・・・。
  • やはり投資している限りは資産が殖えて欲しいと思っている。 どうしても市場に連動するのはしょうがないですが、単に「市場もマイナスだから僕の資産も減りました・・・。」ではなく、「預金に勝つために少しでももがいて行きたい。」と思っていたいからです。
  • 個別株の投資はやはり成績の差が大きくでます。 比較して羨んで人より良い成績を出すために、無理な投資をしたりだとか、投資に中心になり仕事や生活をおろそかにしないためです。 やはり月次を計算していますので人の成績は気になります。 ヤキモチをなるべく妬かないようにするためです(汗)
  • インデックス投資をしているのに出し抜こうとしないためです。 インデックスファンドを使って投資では、多くの方が同じような商品、同じような投資(積立て)、なんとなく似た配分で、投資をされています。 ですので、成績は結構似た感じになるはずなのに、周りを見渡すと結構違う成績になっていたりします。 差が付くのはタイミングを使った投資をされているからだと思います。 個別投資をしているので、タイミングをはかりたくなりますがそうしないようするためです。

と言った感じで、投資の成績は結構自分との戦いが多いと思っています。 ですので、投資の成績を気にせず、その間に投資や自己投資のスキルアップをはかっていきたいと思っています。

僕の投資はまだ始まったところです! どんどん悩んで未来を自分で明るくしてみたいと思っています!