かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

小回り三月、大回り三年

まとまったお金があったばあいの積立て投資法について、どうすれば良いんでしょうかね(あっ僕じゃないですよ・・・)。
投資額や投資経験にもよると思うのですが、資産運用本を見てみますと、多くの本で『1年』に分けてと言った感じで書かれています。

僕は、ちょっと無責任かも知れませんが、なるべく早くというなら1回でいいと思います。 僕でしたらそんな大胆なことはできません(汗)
そうではなく時間を使って分けて投資となれば、そこは先輩のアドバイスに学ぶのがいいのではないかと感じています。

 小回り三月、大回り三年

相場の格言に、小回り三月、大回り三年という格言があります。
小さい相場は3ヶ月、大きい相場は3年ぐらいと続くということのですが、1年に分けてだと波次第によっては、ハズレ時期にぶつかる可能性もあるのではないでしょうか。
せっかくはじめても、損になれないことによって止めてしまうのはもったいないと思います。

実証や根拠はないのですが、相場は読めないと考えるのなら、「なるべく早くして複利を活かす」と言う方針よりも、「しっかりと時間分散をして、投資を継続できるようにする」が良いのかなーと思いました。