かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

「いつかはゆかし」で、にぎわってますね

ネットで「いつかはゆかし」と言うサービスが一部だけなんでしょうけど話題になっています。 相談を受けていると、こう言った投資について聞かれることがあるので、予習をしておきました・・・・・。

出資の件

月5万円を積み立てると、期待年利10%で30年で1億円の資産が築けます。 投資をはじめて?と言うことのようです。

海外には優良なファンドがあるのは判りますし、これから10%のリターンをだすファンドがあるかと言うのは否定できません。 ですので、10%の期待リターンと言うところを譲って良いとして、それ以外が大いに問題ありそうなんで、個人的に感じる注意点をあげておきたいと思います。
改善されたようなので、記事を修正いています。
まぁー円建てのファンドとドルベースで比較している時点でダメな会社だと思いますが・・・


まず1番目は、「解約できません!解約はできるようです・
出資の件「積立期間中は退会はできません。ただし、お客様が積立を完全に停止・解約し、助言対象資産(=積立投資残高)がゼロになった場合には、退会となります。」って言うところでしょうか。※サービスに変更がありましたと書きましたが、もちから解約はできるようです。詳しい説明に置き換わっています(2013/02/06)。
あと、本人がなくなったら、そのサービスは、家族が引き継ぐようです。 積立てまで相続させていいのでしょうか・・・。 

出資の件

くわしい解説があったようです

出資の件


困ったときはだれに相談すれば?
出資の件さて海外のファンドを直接購入することになりますので、金融庁が販売していいよ!と認めているわけではありません。 ですので、何か困ったことがあれば金融庁の駆け込んでも取り合ってくれない可能性もあるかと思います。
しかも、このサービスを提供している、アブラハム・プライベートバンク株式会社は、あくまで投資助言をしてくれるだけです。 商品を販売している訳ではないです。最初から解約できないサービスとして初めていますので、 怒られないようにと言いますか、怒ってはいけません。 うまく出来ているように思えます。


恐るべきクレジットカード
出資の件止めたいと思ったときのカード決済はコワイです。 強制的に積立を止めたいと思ってカードを解約しちゃうと、借金が増えていくことになりますので、注意です。
そしてサイトが不親切なことに、クレジットカードの手数料・為替手数料がかかるかどうかも書いていません。 もしかすると積立投資の手数料もかかるかもしれません。
※ちゃんと積立ての停止を手続きすれば上記のようなことになりません。 しっかりと手続きをしてくださいです。

そんな訳で、過去にリターンが良かったファンドだけを出されても、本当にちゃんと助言をしてくれるのか、それ以外も大丈夫なのかと、疑問を持っております。

アブラハムプライベートバンク代表の高岡さん・サポート部の方からサービスについて内容を修正したとの連絡がありましたので、一部内容を修正いています。


関連エントリー
「いつかはゆかし」で「いつかはなくし」とならないためのライフハック : 市況かぶ全力2階建
ソーシャルの時代、誰もがドヤ顔で間違った...