かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

ROA (総資産利益率)

企業の儲けるチカラの判断にROE (株主資本利益率)という指標がありますが、少し踏み込んだ
ROA(総資産利益率)という指標があります。

計算式については、

・総資産利益率 = 純利益÷総資産(株主資本+負債)

となります。

バランスシートを見てみますと、総資産は負債+株主資本で構成されています。

ROEは株主資本(株主が出したお金)に対して効率よく利益を上げているかの目安になります。

したがって、負債が多いか少ないかは考慮されない数値となり、表面上操作しやすい数値です。

そこで、ROAになります。

ROAは、総資産(株主資本と負債)に対し、効率よく利益を上げているかの指標となっています。

日本企業のROA

日本企業の多くは5%程度にとどまっています。その理由一つは、バブル時に土地の取得や大きな設備投資を行った結果、

現在でも負債部分の数値が大きくなり、ROAが伸びにくい結果になっています。

なので、不要な土地等を処分すると、特損にはつながりますが負債が少なくなるためROAは向上する結果となります。

ようするに、負債が大きくなってしまうと、資本の割合が小さくなってしまうので、ROEが高くてもROAが低い企業が出てきます。

ROEとROAを同時に見ることが大事と思います。

アメリカ企業の多くは、10%以上を維持しています。日本企業も10%を目安として企業を選んでみたいですね。

関連エントリー

 ROE (株主資本利益率) (1)

 ROE (株主資本利益率) (2)

 ROA (総資産利益率)

 ROEを分解すると色々見える