かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

農林中金バリューインベストメンツ主催のブロガ座談会

農林中金バリューインベストメンツ(NVIC)様にお声がけ頂きまして、ブロガー座談会に親子参加させていただきました。
※厳密に言いますと農林中金は、運用会社ではなく投資助言の会社になります。
 運要会社としては、農林中金アセットマネジメントとなります。

主に助言をされている『農林中金<パートナーズ>長期厳選投資おおぶね』について詳しく聞くことができました。
私自身はSBI証券のiDeCoのオリジナルプランを通じて投資をしていまして、やっと詳しくお話をお聞きすることができました。
ブログをやっていて良かったと感じております。

search.sisec.co.jp

「構造的に強靭な企業® 」を厳選して長期保有

奥野さん(最高運用責任者)より、運用哲学などを詳しく熱く語っていただき、当初30分の予定が1時間ほどになっておりました。
会社名に『バリュー』が付いていますように、じっくりと割安な企業に長く投資するスタンスになります。

その企業をずっと保有するつもりで組み入れるので、ビジネスモデルを徹底的に分析して判断するそうです。 判断基準の一つに、その企業の強みが発揮される参入障壁を高さを築けているかを見ているとのことでした。
売りについては比較的わかりやすい基準でしょうか。 バリエーション、その企業の高い安いの価格での評価では売らず、その企業の分析が間違っていると感じたときに売るそうです。 こだわりの強い運用理念と固い銘柄分析への自信を感じました。

f:id:kaeru_onou:20190926081059p:plain

「構造的に強靭な企業® 」を厳選して長期保有

長期保有のスタイルですので、売買を頻繁に繰り返さない、また銘柄数もかなり絞っているのが特徴で、30銘柄弱の集中投資のスタイルになります。
ここをどう感じるかは、投資される方にとって大事なポイントではないでしょうか。

実は4年近く運用されています

「長期厳選投資おおぶね」は、25億円(2019年2月時点では約7億円)ほどしかなく、短い期間ではありますがパフォーマンスも注目されているようですが、マザーファンド自体は2015年11月30日より運用されていますので、私自身としてはそこも踏まえて少し安心と期待感を持って投資しています。
また米国株などについては、まったく判断がつかないので日本株以外は投資信託を積極的に活用しています。

f:id:kaeru_onou:20190926074349j:plain
f:id:kaeru_onou:20190926103146j:plain

その他にも「教養」としての株式投資などのお話しがあったので、いろいろとお話しさせて頂いたのですが、別エントリー自分の思いなども含め書きたいと思います。
企画してくださった農林中金バリューインベストメンツさん・参加されてた皆様、ファンドを知るキッカケをくださったrennyさん、本当にありがとうございました!

関連サイト