かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

機械受注

機械メーカーの受注額で、翌々月の10日前後に内閣府から発表される設備投資の先行指数とされています。

主要機械等製造業者を対象とし、それらの企業の受注額を集計した統計になります。

統計の中で主に注目されているのは、振れ・額ともに大きい電力・船舶のための受注を除いた民間需要です。

各企業が設備投資のための機械を機械メーカーに発注する段階をとらえるので、設備投資の動向をしることができる。

いつを対象にするか

機械受注は、実際の設備投資より6カ月から 9カ月先行する指標だといわれているため、株式市場においては、特に設備投資関連の銘柄(例えば半導体製造装置や機械等)の株価動向を考える上では重要である考えられています。

・参考 asahi.com[機械受注]

機械に関するデータなので、関係ない銘柄もあるため数値を使っての判断には注意が必要です。