かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

いっそインデックスではなくアクティブで...

インデックスファンドの低コスト競争がある程度一息ついたからでしょうか。
今年は風変わりなインデックスファンドの設定が目についてしまいます。

さてこれらのインデックスファンドは、たぶんですが投資家からあまり評価はされないかと思っております。 インデックス投資家からは買わないファンドとして厳しい評価があるようにも感じます。

風変わりなインデックスファンド
投信会社ファンド(愛称)信託報酬
三井住友トラスト・アセットマネジメントSMT MIRAIndex ロボ0.70%
三菱UFJ国際投信eMAXIS ジャパンESGセレクト・リーダーズ0.40%
三菱UFJ国際投信eMAXIS Neo 遺伝子工学 0.72%
三菱UFJ国際投信eMAXIS Neo 宇宙開発 0.72%
三菱UFJ国際投信eMAXIS Neo ロボット 0.72%
三井住友アセットマネジメントイノベーション・インデックス・フィンテック0.745%
三井住友アセットマネジメントイノベーション・インデックス・AI0.745%
大和証券投資信託委託株式会社iFreeNEXT FANG+インデックス・オープン0.705%
大和証券投資信託委託株式会社iFreeNEXT NASDAQ バイオテクノロジー・インデックス0.725%

ここで疑問なのですが、必ずしもインデックスファンドである必要はあるのでしょうか?
いっそのことアクティブファンドとすれば、アクティブファンドの平均より安い信託報酬、ファンドマネージャーが変わってもスタイルがぶれにくい運用(運用自体はパッシブ)として、評価を得やすいとも感じます。

せっかく特徴ある商品を設定をするのであれば、見せ方を変えるのもありではないでしょうか。