かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

どーしても毎月分配型のファンドから選ぶなら....

こんばんは! 毎月分配型のファンドがあまりスキではない"かえる"です。
しかし、うまく毎月分配型のファンドをうまく活用されたい方もおれるかと思います。 

ただ残念な事に、毎月分配型のグローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)の人気がでてから随分たち、今では「ハイイールド債(利回りが高い危ない債券)×ブラジルレアル(政策金利が高い国)」に投資する、よくわからない仕組みのファンドまでが毎月分配型としてだされています。
そして、そのよく判りにくいものが、「高い分配金がでる」ということでよく売れています....。

それにしてもその高配当のファンドは持っていても安心なのでしょうか? そんな美味しそうなファンドってあるのでしょうか?
個別株の中にも高配当のまま放置されている銘柄がありますが、財務がよくない・業績がよくない・怪しい(笑)と言ったそれなりの理由があります。

それでは、危ない高配当銘柄を買わないためにはどうしているのでしょうか? 僕の場合は『スクリーニング』です。 借金が少ない・財務が安定しているを条件に設定するだけで、ずいぶんと危ない銘柄を避けることができます。 絶対とはいえませんが・・・・。


スクリーニングで頼りないファンドをさける

毎月分配型のファンドをどうしても選びたい方は、ファンド選びにも『スクリーニング』をしてほしいと思います。 それをするだけでも、
「結構な小遣いをもらえて嬉しかったけど、実は結構な損をしていた・・・。」ってことが避けやすいかと思います。

そこで、いろいろと探してみたのですが、現状ではモーニングスターの新しいファンド検索が一番良いかと思います。
投資信託のモーニングスター|毎月分配型ファンド検索

スクリーニングの項目で設定する項目は一つだけです。 分配余力の項目を最大の48ヶ月にしてください。
フィデリティ・日本バリュー・ファンド

これだけで、800本近い毎月分配型のファンド(そんなにあるんです・・・・)が80本絞られます。 あとは、その中から『投資』
いくら配当利回りが良いからといって、分配金の余力が1年や2年しかないファンドに投資するのは投機だと僕は思っています。

分配金の多さというハイリスクなリターンを狙うのではなく、安定的に分配金を上手く活用してほしいと思います。
金融機関の窓口で商品を購入されるかたも、できましたら購入する前に「分配余力の多いファンド」からを言ってみてください。 ?ってなる担当者さんでしたら、ちょっと心配です.....。

毎月分配型ではなくても、必要な分だけ、必要な時だけファンドを解約する方法もありますので、うまくファンドとつきあって欲しいと思います。