かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018の発表

先週の日曜日に行われました、投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018 の発表会に、今年も参加してきました!
会の様子は、QUICK資産運用研究所も詳しく報じてくださっています。 以下のリンクより
投信ブロガーが選ぶこの1本 2018年の1位は「eMAXIS Slim先進国株式」 | 資産運用研究所 | QUICK Money World


eMAXIS Slim先進国株式が1位 三菱UFJ国際投信がついに

気になる結果ですが、eMAXIS Slim先進国株式が1位になりました。 三菱UFJ国際投信がついに戴冠となりました。 TOP10に5本も入る快挙も同時に達成しています。

  • 1位 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  • 2位 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • 3位 eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
  • 4位 楽天・全米株式インデックス・ファンド
  • 5位 eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)*
  • 6位 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド*
  • 7位 Vanguard Total World Stock ETF(VT)
  • 8位 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • 9位 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
  • 10位 eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

※赤ポチはアクティブファンド、青ポチはバランスファンドになります。

昨年までの同様、やはりコスト(運営管理費用)が低いインデックスファンドが、上位を入賞しています。
昨年1位だった、楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)は、実質コストの高さが嫌気されたのか、9位と大幅に順位を落としてしまいました。 初年度はコストが高くなりがちと以前から言われていたことなので、織り込み済みと思っていましたが違ったようですね。
あと、昨年は良い面でも悪い面でも話題になった、ひふみシリーズ(ひふみ投信・ひふみプラス)は、TOP10圏外となってしまいました。市況の影響が大きかったのでしょうか.....。


ほんと素敵な個人投資家による個人投資家のための会でした。 rennyさんをはじめ運営されたみなさま方、本当にありがとうございます!
今回は、運営スタッフのボランティアとしてお手伝いをさせていただきました。 できれらな来年もお手伝いをしながら楽しませていただければと思います。