かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

SBIについてちょろっと

さて、昨日8473 SBIホールディングス平成19年3月期 決算短信が発表されました。

うだうだ言いながらまだ持ってます・・・・。

まぁ〜そんな訳で数字を見てみたいと思います

SBI決算 2007.3 4Q
 売上高営業利益経常利益1株利益
2007.3月144,58123,09590,6964,040円
四季報予想
07.03
135,00027,00095,0004,559円
四季報予想
08.03
140,00032,00034,0002,324円

数字を並べてもよく分からないので、

 SBIホールディングス決算説明資料

 SBIグループ決算説明会

を見て洗脳されるのもありかと思います。


で、まずは貸借対照表をみたのですが、前期と比べ短期借入金、年内返済の長期借入金の部分が大きく増えている以外はあまり変化なし・・・・。

続いて、損益計算書を見てみますと、有価証券売却損 320億円が大きいですね。

減損しているようなので、投資企業に問題がなければ次は含み益になるのだと思うのですが・・・。

ここら辺は説明会で何か出ているはず・・・・。まず自分が先に見ないといけませんね。

まぁ〜問題ないと言うことなんでしょう。

で、今年はSBIの正念場となりそうなかんじですね。

SBIホールディングスを購入している方の多くは、北尾さんが好きか、金融グループの構想に投資しているのだと思います。

長期で見れば、いい企業に投資をして利益を上げていますし、ファンド組成力もあると思います。

証券業を軸に、銀行や生命保険に不動産といいグループができるそうな気がします。

ですが、株価も低迷していますし、一部には伸びている案件もあります。

株主の期待度と、実現度のズレが大きくなり始めている感じがします。企業はやはり実体があってこそですよね。

なので、今年はちゃんと形になってくれないと、期待がどんどん重しになって行きさらに悪循環

やはり、期待度の高い会社に色んな指標は関係ないような気がします。