かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

住信AMさんからのラブレター

先日、住信AMさんに送ったラブレターなんですが、早速お返事(メール)を商品企画担当部長さんから頂きました♪

僕としては、嬉しい内容でした!

お問い合わせの多いエマ−ジング株式・債券インデックス・オ−プンの商品化につきまして、STAMインデックスシリ−ズの拡張として、前向きに検討しております。

当然ですが、iシェアーズ MSCI エマージング・マーケッツ・インデックス・ファンドの管理報酬0.75%を大きく上回らない水準等を意識し、商品開発を検討しております。
投資信託の住信アセットマネジメント

BRIC'sのアクティブファンドは割高過ぎますし、EEM(海外ETF)では購入金額を大きくしないと割高になりますので、STAMシリーズで出てくるのは大歓迎ですね♪ 年金積立シリーズはちょっと割高な運用なってしまっているので、是非、そちらに負けない商品を楽しみにお待ちしております。


で、サプライズな検討がされているようです!

これって結構なサプライズ気がするんですが、どうなんでしょうか?
商品企画担当部長さんの私見としての断りがありますが、非常に嬉しい検討内容です。 ほんと実現して欲しいので、早く正式なアナウンスをお待ちしています!

既存のSTAMインデックスオープンの信託報酬水準についてでございますが、(商品企画担当部長としての私見です。弊社の正式見解でなく、申し訳ありません。)ファンド毎に純資産残高が50億を超えた場合は、委託(運用者取り分)報酬の引き下げを行い、残高逓減料率に変更を行う方向で検討したいと思っています。
現状は、シリ−ズで最も残高の多いSTAM グローバル株式インデックス・オープンが、本日の申し込み分を加え、ようやく20億を超えてきたところです。いますぐでなく恐縮でございますが、皆様のご支持や弊社の販売促進活動により、出来るだけ早く受益者様への弊社収益の還元や資産形成層のお客様に良質で、より低コストの商品をご提供出来るように努力していく所存です。
今後とも、ご愛顧、ご支援のほど宜しくお願い申し上げます。
投資信託の住信アセットマネジメント

あと、返事にもあったのですが、やはりETFとの信託報酬の差を1番気にされておられるようで、今回のアンケートもお役に立てて頂ければデスね♪
信託報酬の引き下げって事になればETF→インデックスファンドの乗り換える期間を長く取れたり、乗り換えなくても魅力ある商品になってくれそうな気がします。
ホント、お小遣い投資家としては非常に嬉しい検討がされているようで、これからも住信AMさんには頑張って欲しいですね♪

STAMインデックスファンドの扱っているネット証券をまとめています、
   » インデックスファンドのまとめ