かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

ほったらかし投資術

ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド (朝日新書)
ama.png

共著者の水瀬さんに本を頂きましたので、早速読ませていただきました!
基本的な構成は、山崎元さんの投資理論、個人投資家:水瀬さんから見た投資、そしてインデックスファンドのファンドマネジャーとの対談と言った非常に面白い構成になっています。

水瀬さんが証券会社の評価、インデックス投資のレクチャーなど色々と参考になる部分が多かったです。 初心者本?と思っていますと、山崎さんの解説部分がちょっと難しかったりするのですが、多くのインデックス投資家さんに楽しんで頂ける本だと感じました。

すこしだけ個別株投資家として、反論ではないのですが補足させて頂くとすれば、個別株であっても全ての人が常に投資モードではないって事ぐらいですかね。 そこは水瀬さんも、「自分には合わなかった」と書かれておられますが、どんな投資法であっても、その方の望むスタンスに合わせ継続できる投資の方が大事なんだと思います。 どんな投資でも期待すればするほど、うまく行かなかった時のガッカリ感が大きくそして止めてしまったりだと思います。
ただ、インデックス投資はそういった感情やスタンスって考えた時に、すごく楽に向き合える投資法だと僕も個人的には考えています。

僕が投資と言いますか、資産形成で大事なことは、再現性と継続性、そして目標だと思っています。 才能のない僕には、大きく儲ける可能性がある投資でも、簡単に真似できない投資には手をださないでおこうと思っていますし、仕事をしながらでもできる投資じゃないと困ります。 仕事をやめだとか、寝る間を惜しんでと言った投資は興味がありません。
そういった意味でもほんとインデックスファンドの積立て投資は非常に良いものだと思っています。 それらがこの本では上手く表現されているように感じました。

あと水瀬さんなりのリスク許容度などの考え方や、早期リタイアの事(目標とするところ)などをあれば嬉しかったですかね。 目標のところなどは書きにくいかと思いますが個人投資家さんが知りたいことって結構そういうところなんかではないでしょうか。
きっと"続きはブログで!"だと思いますので、これからも水瀬さんのブログの更新を楽しみにしたいと思います。

梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)