かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

平均PERでも見てみる

株の適正値を知ってあなたは株を買っていますか
ama.png

ちょっとだけ面白い本があったので、僕が使えそうなポイントだけをメモメモ・・・。

株をやる上で代表的な指標にPERがあります。ですが、それだけで判断をしてはいけないとよく言われますね。
ですが、ほんと計算などもしやすいですし、よく見かけますので、つい簡単な判断で使ってしまい、安いなーと思ったりしがちなんです(汗)

で、ちょっと高いのでブックオフで買った、株の適正値を知ってあなたは株を買っていますかで、簡単に使える「平均PER」があったのでちょっと紹介してみます。


今回も僕ののタイムラインにも良く出てくる、月次が絶好調の9936:王将フードサービスを例にしてみます。
王将って話題になっていたし、月次が良いのは知っていましたが、「関西人の僕としてはなぜ?」と思い知らんぷりしてましたが、ほんと安いところから上がっています。全然情報を活かせず・・・。


この方法で良いところは、会社四季報で簡単に計算しやすい所だと思います。なぜかと言いますと、会社四季報だと、過去5年と今期予想が載っているからです。
で、著者のモーちゃんさんは、「成長株は過去4年の平均PERを使って判断」とありました。成長株

で、今日の株価と計算機を片手に以下のような感じで計算。

株価:2560円1株利益PER
10'3 予想223円11.5倍
09'3 実績147円17.4倍
4年平均111円23.1倍

そうしますと、予想PERだけみると、月次も好調ですし、業績の成長も良いので、安い感じがしますね。
ただ、平均PERをみてみると、23.1倍となっています。本の中では、「平均PERは15倍まで」とありましたので、なかなかの高い水準になっているようです。
まぁー僕が持っている銘柄なんてPER10倍が遠いので羨ましいんですが・・・・。

平均PERで見ると事で、利益がキレイに増えてきていない企業や、大幅に成長している企業などが割高になりやすい感じがします。と、言いますか、割高にして避けるような見方になっています。
ただ、特別利益などで利益が上がっている会社は割安になりやすいので、注意が必要かと思います。