かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

期待収益率

長期投資という視点で資産運用を行うにあたり、過度なリターンを期待すると、運用方針をころころと結局変更ばっかりするポートフォリオになってしまいます。

数値を参考するにあたり良いデータがありました。年金積立金管理運用独立行政法人も採用している

期待収益率

なるものがあります。

インデックスは下記のようになります。

過去 27 年間 (1973年 〜 99年) のデータから標準偏差および相関係数を計算。

・国内株式: TOPIX(配当込み)
  期待収益率 6.50%  標準偏差 21.62%

・国内債券:野村ボンド・パフォーマンス・インデックス総合
  期待収益率 4.00%  標準偏差 5.45%

・外国株式:MSCIKOKUSAI 世界株式インデックス
  期待収益率 7.00%  標準偏差 20.30%

・外国債券:ソロモン・スミス・バーニー世界国債インデックス (除く日本)
  期待収益率 4.50%  標準偏差 14.67%


出典 :平成15年 2月 厚生労働省資料より

と、なっているそうです。

外国株式が、一番リターンが期待でき、日本国債がリターンが少ない結果になっています。

では、外国株式や日本株式に全部を投資すれば、上手くいくと・・・・リターンが非常に期待できる訳です。

ですが、上手くいけばの数字には続きがありまして、期待収益率の後ろに標準偏差という数値があります。これは簡単にいうとリスク大きさの数字になります。期待収益率は、絶対の数字ではないので注意が必要です。

この数値(標準偏差)が大きいと、上下に振れる可能性が大きく小さいと安定している訳です。

貯金に比べると、どれもが期待収益率いいと同時に、リスクが存在する訳です。

で、年金の資産運用を見て貰いますと、日本国債が67%と、一番のウェートを占めており、安定した収益を求めるポートフォリオを組んでいると言える訳です。

■ 関連エントリー

  相関係数とリターンやら

  期待収益率

  投資商品の相関性