かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

少し前に書いたのですが、炭化焼成の鉢が焼き上がってきました。

時間がなく、素焼きをせずにいきなり本焼成をしなければいけなかったので、

釉掛けが出来ずなんとか内側に刷毛で塗る程度にナリマシタ・・・・。少し残念。

直径20cmほどの中鉢なんですが、写真で緋色と全体像を上手く写せないです・・・・。

だいたい1200度あたりで焼いたそうなんですが、いつもより焼締まっている感じがします。

緋色も結構綺麗に出て納得はしているのですが、内掛けが少し淋しかったかな・・・・。

鉢の方は大きく挽けたのですが少し薄すぎる感じがします。普段使う時にも縁には気をつけなければいけないようです・・・・・(汗)

内側
刷毛で塗るとムラがでるので、一応でた時をイメージで塗りました(笑)

外側
ボワ〜っとでているのが炭の力です!

・粘土 : 赤土

・焼成 : 炭化焼成

・釉薬 : 焼締め・内側に白鳳を刷毛塗り

家で、七輪で焼いた場合なんかも綺麗に出てくれんですかね〜?なら、七輪あるから挑戦してみようかな♪