かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

売り時。

株を売るって事は、簡単と言えば簡単なんですが、未だに「売る」って事に納得ができていません。

基本的に、株を買う事には、ある程度の納得はしているのです。

「業績が上振れしそう。」、「売られすぎ割安だ。」とかと言うように・・・・。

ですが、どうしても売るのにまだまだ自信がありません。

基本的な売りのスタンスとしては、

 1. 他に魅力的な株が見つかった時。 (この場合は比較的楽に動けるんですよ。)

 2. 企業に割安さがなくなった時。 (これが結構な問題なようで・・・・・)

 3. 出来高が増えだし自分の思惑から外れた時。 (多分、対応できる気がします。)

という考えを持っています。

ですが、どうしても2や3の場合に、買値というのが、頭に引っかかって来てしまいます。

売る値段に買値は関係ないのですが、判断を誤る事が多々・・・・・(汗)

あぁ無心になりたい〜!

みなさん、買値の方は気にならないんでしょうか?

結局は、ファンダメンタルの分析に自信がないので、このような事に悩んでいるのだと思います。

数字に強くなる事は、あせっても無理なようなので、気長に経験を踏まえて成長して行きたいところです。