かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

東邦システムが順調です。

東邦システムサイエンス平成19年3月期 決算短信を開示してきました。

前回は、決算時に減益予想の決算を開示してきて痛い目にあいましたが、今回は......?


3Qの時に上方修正がありましたが、[決算] 東邦システム久しぶり!その時よりも若干数字が良くなっているようです。

さて気になる内容ですが、会社四季報の予想を前期、今期共に上回っているようです。

影響のある野村総合研究所(NRI)や他のソフトウェア会社が減益や市場予想より低い決算の想定をしていたので、これは素直に評価したいところです。

東邦システムサイエンス 2007.3 4Q
 売上高営業利益経常利益1株利益
2007.3 4Q
前期比
7,000
+19.4%
795
+38.8%
800
+29.0%
76.1円
会社予想計画6,920780 73.9円
2007.3 4Q(四季報)6,95079580075.0円
2008.3月会社予想7,51083684079.7円
2008.3 4Q(四季報)7,40090090078.3円

総利益率が3Qの22.4%からは若干下がりましたが、21.4%で着地しています。06.03月期が19.5%なので順調に効果が出ているようです。

営業利益率も、10.0% → 11.6%と順調に改善しているようです。

3月末で、2006年度とほぼ同水準の受注残があるので、大幅に業績がぶれる可能性は低い感じます。(P.49参照)

※ あくまで表面上の数字だけを見ての話ですが・・・・。