かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

四季報を電車で読むのは少し恥ずかしい

会社四季報 2008年 3集夏号会社四季報
2008年 3集夏号

東洋経済新報社 »Amazonで購入

さて、前号ではレイコフの民事再生申し立てで話題になったように、企業の保守的な開示や業績の悪化ににより、減益予想の決算ばかりが出て、四季報の数字がほとんどあてにならない感じでした・・・・・(汗)

今回は2008年3月期の決算までが乗っいますし、あてにならない2009,2010年の予想が出ているので、これでじっくり考えてみたいと思います。
前号と違い、ドル円も100円台があってのコメント等になっているはずなので、少しネガティブに修正されているのを期待したいと思います。

今、読んでいる本が終わったら、頑張ってページをめくって付箋貼って行きたいと思います!
四季報買っても、別に売買する訳ではないのですが、勉強がてらまた終わりのページから読んで行きたいと思います♪