かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

買値だけを意識しないようになりたいです

僕は個別株を売買しています。 頻繁に売買をするわけではないですし、なるべく企業の価値にもとづいてを意識して投資をしているつもりです。 しかしそれでも、日々動く株価とそれに対しての買値は気になってしまうことがあります。

買値と株価・・・。 うまく付き合っていくために、僕の中では2つの軸で判断するようにしています。


自分の中での基準より株価が高騰した時

ama.png

上の条件、1000円で買った株が、元気よく値上がりし2500円になったとします。
そうしますと、PERが25倍となります。 配当利回りは1.6%にまで下がり、益回りも4%=100/2500となり、随分と魅力がないように思えてきます。

株価だけを考えると、それ以上に上がるかもしれませんが、その先は思惑、バブルなどと言った価値ではないものに頼らないといけないと思いますので、売却というのが、僕の中での判断になると思います。
いざ、その時になると欲が出ているかもしれませんが(汗)

※買値ではなく、企業の価値(自分の勝手簡易分析...)に対して株価がどうかで判断をしています。


ふと振り返ってみたら、企業の価値も配当も成長してきた時

ama.png

ふと振り返ってみたとき、1000円で買った株が5年後に2000円まであがりました。 きっと凄く嬉しいですよね♪
しかし今から買う投資家にとって、配当利回り4%・PER10倍というのは、あまり魅力的ではないかもしれません。
安定的に成長する企業は地味な感じがしちゃいます・・・。
※表のように20%の成長する企業ってほんとは凄いはずなんですが...

そう考えた時に、買値から株価が2倍という面だけ考えると、大きな誘惑だと思います。

しかし、企業の成長って考えたときに、株価の上昇も嬉しいのはうれしいのですが、
買値と株価ではなく、買値と配当を比べて、幸せだなーと思うようになりたいと感じるこのごろです。

ただ、気をつけたいのが、配当だけに着目しちゃうことですよね。
配当はどこから生まれてくるかと言えば、企業が利益をあげないと払えないですよね。 一時期的に赤字になっても、余裕があれば払う事ができます(無理のしすぎは困るんですが...)。
そんな訳でこれからも僕としては、借金がすくない財務がよい企業で、利益を成長させて行ってくれそうな企業を選んでいきたいと思います。

※企業が利益を成長。もちろん自分の成長も大事ですよね。
そして、配当を積み重ねていくように、しっかりと給料からの元本も積み重ねていきたいですが、家計との相談もありますので、焦らずにいきたいと思います。