かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

身に染みる株式相場の格言 その3

どうでしょうか?お役に立てているのかな〜。

それにしても、米相場の格言が今でも通用するのはやはり、人の心理は簡単には変わらないという事なんですかね・・・・。

・腹立ち売り、腹立ち買い、決してすべからず
感情にまかせて取引をしては、失敗する確率を増やすだけである。
 ほんとその通りですね。ただでさえ難しいのが株式取引。何事も冷静さが大事ですね。 自己ルールを決めて投資に望んでいきたいと思います。ちなみにこんな言い訳ばかりです・・・・・(汗)

・人の商いを羨むべからず
 
人の話を羨んで投資をするのは間違いの許である。
 人の話に乗るのはホントに難しいですよね。買ったあとの事も分析も何もしていないので、 いつも不安です。やはり、自分で投資しないとダメですよね。

・気の落ち着かぬ時の商いは、10度が10度損なりと察すべき
気が落ち着いた状態でないと勝てるもの勝てないということ。
 いつでも、利益を確定するにも損を確定するにも、エントリーするにしても自信をもってボタンを押したいものです。デイ・トレードの方はホントそう言う意味ではすごいですね。

・勝ち易きに勝つ
本当の勝者は、大きくても小さくてもきっちり勝つ者である。
 僕も、基本は運ではなく、自己の分析に基づき確実に勝ちたいと思います。 そのためにはやっぱり勉強が必要ですよね・・・・・。