かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

楽天証券でETF

さて、いきなりですが、楽天証券からいいニュースです。
 お知らせ>米国株式>米国株式取扱銘柄(海外ETF)追加のお知らせ

よく見にいくサイトさんも取り上げれています。
 楽天証券が海外ETF 2銘柄を追加! :投信で手堅くlay-up! (相互リンクさん)
 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー | 楽天証券が待望の海外ETF
 NightWalker’s Investment:楽天証券よ、ありがとう!海外ETFに欧州、エマージングが追加!!


ようするにコストの安い海外の投資信託が
ほぼ世界をカバーしたという感じでしょうか。
 E:証券取引所(Exchange)
 T:取引可能(Traded)
 F:投資信託(Fund)
これで、ETF(指数連動型)です。詳しくはまた書いて自分でももう一度勉強したいと思っています。
 

今回のニュースの注目点は、
MSCI EAFE指数(アメリカを除く先進国)の価格と利回りに連動
MSCIエマージング・マーケット・インデックスの価格と利回りに連動
が追加されて点になります。

以前から、アメリカのETFや中国やインドETFが購入可能でしたが、ヨーロッパ系ETFと新興国系のETFが購入できるようになりました。
とくに新興国の投資信託は一般的な数字で行きますと、手数料3.0%程度に信託報酬2.0%程度というコストが高い点が問題で、利回りを低下させていました。(ファンドマネージャーの腕も影響してきますね。)


そんな訳でどの程度の費用が掛かるか表にしてみました。参考になれば幸いです
※ 為替については、とりあえず1ドル120円、1香港ドル15円で計算しています。


楽天証券でETF 07.03.10
米国ETF中国ETF
iShares MSCI Emerging Markets Index FundiShares MSCI EAFE Index FundiShares S&P 500 Index FundNASDAQ 100 Trust Series1Tracker Fund of Hong KongiShares MSCI China Tracker iShares FTSE/
Xinhua A50
China Tracker
Hang Seng H Share Index ETF iShares BSE SENSEX India Tracker
EEM EFA IVV QQQQ 2800 2801 2823 2828 2836
MSCI Emerging Markets指数 MSCI EAFE指数 S&P 500指数 NASDAQ 100指数 ハンセン
指数
MSCI China指数 FTSE/
Xinhua A50
China指数
ハンセンH株指数 BSE SENSEX
NYSE NYSE NYSE NASDAQ 香港証券取引所
買い10口
売り1口
買い10口
売り1口
買い10口
売り1口
買い10口
売り1口
500口単位 200口単位 100口単位 200口単位 200口単位
米ドル 香港ドル
信託報酬(年率)
0.75% 0.35% 0.09% 0.20% 0.05%〜0.10% 0.99% 0.99% 0.60%
(1.15%が上限)
0.99%
1,000株までは31.5米ドル、
1,000株超の場合、1株につき2.1米セント
約定代金10万円までは525円、
10万円超100万円未満は約定代金の0.525%、
100万円以上は5,250円
112$×120×10口 74$×120×10口 141$×120×10口 43$×120×10口 19HK$×15×500口 48HK$×15×200口 116HK$×15×100口 92HK$×15×200口 13HK$×15×200口

134,400円

88,800円

169,200円

51,600円

142,500円

144,000円

174,000円

276,000円

39,000円

 くわしくは、楽天証券にまとめています。

僕としては、少しリスクを取って、MSCIエマージング・マーケット・インデックスを買ってみたいと思いますが、市場が落ち着いてからの行動となりそうです。