かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017の発表

先週の土曜日に行われました、投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017 の発表会に、今年も参加してきました!
会の様子は以下のリンクをご覧頂く盛況だった様子がうかがえます!
投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017


新星:楽天VTが登場! 新規ファンドが目白押し

気になる結果ですが、<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドの連覇とはならず、これまで人気のあったETF:VT(全世界株式インデックス・ファンド)を包んだ、楽天・全世界株式インデックス・ファンドが、1位となりました!

  • 1位 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
  • 2位 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • 3位 楽天・全米株式インデックス・ファンド
  • 4位 野村つみたて外国株投信
  • 5位 eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)*
  • 6位 ひふみ投信*
  • 7位 eMAXIS Slim新興国株式
  • 8位 たわらノーロード先進国株式
  • 9位 Vanguard Total World Stock ETF(VT:世界株式ETF)
  • 10位 iFree8S&P500インデックス

※赤ポチはアクティブファンド、青ポチはバランスファンドになります。

昨年までの同様、やはりコスト(運営管理費用)が低いインデックスファンドが、上位を入賞していますね。バランスファンド・アクティブファンドは、今年もつい1本.....。 バランスタイプは8資産タイプ。シンプルな分散よりも、幅広く均等に&低コストが人気のようです。
一方で、アクティブファンドに頑張って欲しいところではありますが、良いアクティブファンドを選べるか?と言う視点からも考えないといけないので、アクティブファンドが上位に出てくるのは、もう難しいのかもしれません。

新規ファンドが多かったのは、つみたてNISAの影響もあるかと思いますが、新規ファンドが多すぎて大変です。
またこれまでは、先進国株のつぎのセクターとしては、新興国株式が注目されていましたが、アメリカ株の投信・ETFが大躍進なので印象的でした。 「より分散・幅広く」という投資家だけではなく、「選択と集中」という投資家が増えてきているのでしょうか。


ほんと素敵な個人投資家による個人投資家のための会でした。 rennyさんをはじめ運営されたみなさま方、本当にありがとうございます! 来年も楽しみにさせていただきます。
会のあとは、楽しい懇親会でした♪