かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

PEGレシオ

同じ業種で気になる銘柄があったとします。ですがその銘柄は、他に比べPERが高いんです。でも、成長率もあって勢いがあるんですが高いんです。で、やっぱり気になる時は、

PEGレシオ

なる指標があります。

PEGレシオ= PER÷利益成長率

式としては非常に簡単です。

一般的な目安としては、PEGレシオ<1 としているみたいです。1以下なら割安と判断される事が多いようです。

例として、計算してみますと、

A株 PER 30倍、利益成長率30%  PEGレシオ=1.0 (PER 30÷30%)

B株 PER 20倍、利益成長率10%  PEGレシオ=2.0> (PER 20÷10%)

となります。

PEGレシオでみると、A株はPEGレシオは1で、B株よりPEGレシオが低くPEGレシオ的に割安と判断できます。

※ ここからは、僕の考え方なので、あまり気にしないでください。
どういう指標があろうとPERが高い株は割高だと思っています。

 1. PEGレシオは割高である株をさらに買うための指標と思っています。
2005年度の上昇相場で使う指標と判断しています。

 2. 利益成長率はあくまで予想の数字なので、非常に不完全な指標です。企業の見極めが難しいと思います。

を、ふまえて、

僕の目指す投資法としては、バリュー投資、成長株投資と思っています。「バリュー投資は割安な銘柄」。「成長株は芽が出る前の銘柄」。を購入したい訳なので、高くなってからは基本的には、手を出さないようにしています。

で、PERが高いヤフーを買った理由としましては、「ソフトバンクが後ろにいるから少しは反転する!」という安易な考えからとなっています・・・。

ん〜。 心が非常に弱い投資家のようです♪