かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

「治療に勝る資産運用なし」と言うのも感じます

日本市場は最近大きく動く日も多いですが、投資の相談もふえているのを感じます。
ネットを見ていても投資をはじめられた方がふえているような気がします。 ただ波に乗せられての投資も気を付けて欲しいと思います。

うつ病の発生率

投資で資産形成を考えている方って、働かれている、30代,40代の方が多いと思います。。
イギリスのデータ[『幸福の計算式』よりなのですが、図を見ていただくと一定の年を重ねるまでなかなか厳しい時代だなと感じることがあります。
ここに、安易に資産運用と言うストレスを加えるのどうでしょうか。 身内の病気 → 休職 → 転職を見てきたので、継続は言葉でいうほど安易ではない感じるのです。

治療に勝る資産運用なし

昔からの格言で「返済に勝る資産運用なし」と言いますが、それに加え「治療に勝る資産運用なし」と感じるこのごろです。 
休職されている方の相談を受けることもあるのですが、投資だけで1億円儲けるには難しいものがあるかと思います。 しかし、そこに仕事など違う収入などがあれば随分と楽になるのではないでしょうか。

多くの方にとって、投資+仕事が良い方法の一つだと確信しています。

1億円欲しいと訳ではありませんが、不安な老後にならないように、僕は「仕事+投資」と言うスタイルを取っています。
バリュー投資であれ、積立て投資であれ、継続できる投資を意識して実践しています。

休むのも相場とも言います。 テレビでも新聞でも、ネットでも「投資」と言う言葉がかなり増えています。 あまり"その言葉"を追いかけすぎるのも良いことではないかもしれませんね。
僕も「1億円になりました」「月○○万円積立ています」など、先に行っている投資家さんをみると、"羨ましさ"と"もどかしさ"を感じます。。
ですが、市場はそんな簡単ではありませんし、予定どおりふえてもくれません(右肩上がりでしたら本当に楽なんですけどね・・・・)。
僕が出した答え。 投資はしんどい、長く続けるには僕なりスタンス、「仕事や生活を大事にするため、ほったらかしにも出来る投資」で、継続して前に進んでいくしかないと思っています。

平均寿命が80歳な世の中です。 80歳でも投資はできますので、やはり投資をするのにも元気な方が良いのではないでしょうか。 投資スタンスにもよるかと思いますが、やはり持久力(体力・元気)はあって損はないかと思います。
色んな投資スタイルがあるかと思いますが、できれば「お金の呪縛から逃げるための投資」ではなく、シンプルに「明るい未来のための投資」を少しでも多くの方に知って欲しいと思います。

2019年3月過去記事修正

幸福の計算式 結婚初年度の「幸福」の値段は2500万円! ?

幸福の計算式 結婚初年度の「幸福」の値段は2500万円! ?

  • 作者: ニック・ポータヴィー,阿部直子
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2012/02/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 48回
  • この商品を含むブログを見る