かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

急成長を遂げた企業が元気無い

持ってはないですが、好きな企業のテイクアンドギヴ・ニーズが、2008年3月期業績予想の下方修正を出してきました。初の赤字転落となるようですが、少し急すぎる成長STOPですね...。

詳しくは、テイクアンドギブ・ニーズの赤字転落に思う - Intelligent-investor.netさんを見て頂けると判りやすいと思います。

資料を見ますと、

集客数の低下による受注数の減少(売上高への影響額:約33億円)
成約率の低下による受注数の減少(売上高への影響額:約46億円)

とありましたが、やはり地域と温度差が大きい結果というのが現状でしょうか。

昨年の同時期と比べて、会場数が+14になっているのに、売上げや取扱い組数が減っています。

基本的に優良地域程早く出店しているはずです。2006年あたりから出店地域は少しづつ地方に移っています。

勝手な推測ですが、利益率を向上するには2B(1店舗2会場)になると思います。1Bの1.5倍ぐらいの人数で廻していると思うので...

ですが地方では1Bにしないと成約率の低下に繋がるのではないでしょうか。(あきやすくなる?)

平均単価も下がってきていますが、これも地方への出店や、稼働率低下からの値引きが原因と思います。

1人あたりの単価や平均出席人数はは下がっていないので、都会は依然と高額挙式で推移しているのではないでしょうか。

ただ、T&Gの結婚式のスタイルは各地域でも通じると思います。これから地域でのしきたりなどに併せた変わったハウスウェディングになっていくのではないでいしょうか。

結婚式は挙式をあげる夫婦にとって大事ものですが、できれば次の世代へも伝わって欲しいイベントでもあると思います。

例えば、「30年前にここで結婚式をあげたのか〜」なんて幸せな台詞が聞ける様に頑張ってほしいですね。

なんか、少しよく判らない占めかたですね.....。まぁ〜応援しているのです。