かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

東証さんと不動産

今日は良いニュースと悪いニュースが東証&不動産セクターから出てきました。
まずは悪いニュースなんですが、またまた上場廃止銘柄がでちゃいました・・・・・。ほんと今年の勢いは凄いです。

創建ホームズ<8911.T>は26日、東京地裁に民事再生手続き開始の申し立てを行い、受理されたと発表した。これを受けて東京地裁は保全命令を発令した。同社によると負債総額は338億8979万円。

 創建では、住宅販売停滞に伴う金利負担の増加や値引き販売による利益率の低下などで、今月末の決済資金の調達のめどがたたず、支払不能の恐れが生じたためと説明している。今後は、事業再建に努めるという。
asahi.com(朝日新聞社):創建、民事再生手続き開始を申し立て=負債総額338億円

そんな訳で、いつもの一覧表を修正しました。  上場廃止企業一覧



ETFもう一つは、新しいETFが野村AMさんから出るようです。


野村アセットマネジメント株式会社(執行役社長:吉川 淳)は、東京証券取引所に上場するREIT(不動産投資信託)全銘柄を対象とした指数である「東証REIT指数」を連動対象とするETF(上場投資信託)を新たに設定すると発表した。  

「NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信」は、本日、東京証券取引所より上場承認をうけた。設定予定日は9月17日(水)、上場予定日は9月18日(木)となる。上場日以降、全国の証券会社を通じて取引所での売買が可能となる。決算は毎年4回で、2月、5月、8月、11月の各10日に行ない、投資単位の金額は当初10万円以下となる見込み
東証REIT指数を連動対象としたETFを新規設定 - 野村アセットマネジメント株式会社

 ≫かえるの投資.com (国内ETFのまとめ)