かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

上場廃止銘柄についての運用会社の開示姿勢

少し前にエピルーダが負債額4800億円で会社更生法を申請しました。 時価総額が1000億円もあったのと急だったので、なかなかのインパクトがあったかと思います。

そう言うこともあってか、運用会社がエピルーダの保有状況について開示をしておりました。 そこで運用会社ごとで開示姿勢に違いのあるのかと思い調べてみました(全部は無理なので思いついた大手運用会社だけチェック)。
結果は以下の通りでした。 ちなみに三菱UFJ投信は開示をしていないようでした。 

やはり規模が大きい銘柄ですと、組入れ比率も高い可能性もあるので影響が大きいかもしれませんので、開示してくれる姿勢は評価したいですね。


ただ残念なことに、直販投信(8社)は開示をしていませんでした。 どこも組入れてなかったと思うのですが、組入れてないから大丈夫というわけではなく、こういった時にこそ受益者に対しての姿勢を見せて欲しいと思います。