かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

STMシリーズの運営管理費用が引き下げ

先週のニュースになりますが、住信アセットマネジメントから嬉しいニュースがありました、STAM(STM)インデックスシリーズ、ネット証券専用ファンド、世界経済インデックスファンドの運営管理費用(信託報酬)を引き下げるようです。

各ファンドの運営管理費用の引下げについて

ファンド名
(4月1日以降のファンド名)
変更後
4月20日以降
変更前
SMT 日経225インデックス・オープン 0.389%0.420%
SMT TOPIXインデックス・オープン 0.389%0.473%
SMT グローバル株式インデックス・オープン0.525% 0.630%
SMT 新興国株式インデックス・オープン 0.630% 0.683%
SMT 国内債券インデックス・オープン 0.389% 0.420%
SMT グローバル債券インデックス・オープン 0.525% 0.578%
SMT 新興国債券インデックス・オープン 0.630% 0.630%
SMT J-REITインデックス・オープン 0.420% 0.525%
SMT グローバルREITインデックス・オープン 0.578% 0.683%
ネット証券専用ファンドシリーズ
アジア新興国株式インデックス
0.630% 0.683%
世界経済インデックスファンド 0.525% 0.630%

インデックスファンドのまとめにまとめていますが、多くのクラスでSTMシリーズが低コストなファンドになります。
4月に「住信アセットマネジメント」と「中央三井アセットマネジメント」は合併するので、CMAMeシリーズとの合併を見据えてでしょうか...。
新しい運用会社は「三井住友トラスト・アセットマネジメント」となるようです。

さらには、グループ会社に日興アセットマネジメントもありますので、色々と期待できそうですね。