かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

11月に読んだ本

やっと11月になって本を読む余裕が少し出てきた感じです。最近はちょっと違う分野の本を読んでいるのですが、ほんと自分のふがいなさに色々と気づかされました・・・・。
とりあえず、今月も読んだ本より、「買った+借りた」本が多い月になりました。 頑張ってまだまだ読むぞ〜♪


2009年11月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:1460ページ

■頭がいい人の文章の書き方 (イラスト図解版)
「作家は書いてる時間より、自分の書いたモノを読んでる時間が長い」そこまではできないが、読み返して自分が納得できるものにしたい。あとは基本を押さえること、考えてから書くようにしていきたい。 
読了日:11月30日 著者:日本語倶楽部,小泉 十三
頭がいい人の文章の書き方 (イラスト図解版)

■週刊 ダイヤモンド 2009年 9/26号 [雑誌]
エコでかっこよくてブームなのは良いけど、迷惑な放置自転車と、危ない自転車にびっくり
読了日:11月30日 著者:
週刊 ダイヤモンド 2009年 9/26号 [雑誌]

■会計士が教える銘柄選び—業種別の攻略法はこれだ!
少し手に出しにくいセクター(証券、銀行、運輸)が多かったのは残念だった。もっと買いやすいところを広く、深く読みたかった。 あとは、セグメント情報、どの事業がメイン、どの地域がメインを見ろでした。 で、成長性を最重視はちょっと疑問を感じました。
読了日:11月29日 著者:植松 亮
会計士が教える銘柄選び—業種別の攻略法はこれだ!

■実戦! 行動ファイナンス入門 (アスキー新書 103)
まぁー素人とレバレッジがある限りバブルは頻繁に発生しそうな感じですね。 短い期間での判断、損をしてる時、思い込みなどで、人はなかなか合理的な判断ができない。な、訳で投資はリスクを抑えろって事で。余裕は持っておかねばですね。
読了日:11月27日 著者:真壁 昭夫
実戦! 行動ファイナンス入門 (アスキー新書)

■直球勝負の会社—戦後初の独立系の生命保険会社はこうして生まれた
ほんと楽しく読めた。前半の会社立ち上げの章はほんと読んでいて羨ましい。いつかきっと僕もと考えさせられました。 あと、出口さんのパワフルさ、好奇心の旺盛さを見習わなければ! それにしても既存の生保の仕組みはなかなかですね・・・・・。
読了日:11月23日 著者:出口 治明
直球勝負の会社—戦後初の独立系の生命保険会社はこうして生まれた

■論理的な考え方が身につく本—問題解決力がアップする35の思考スキル
論理的な考え方の入りかた、考え方がわかりやすかった。 なぜを判りやすく、主張、根拠、データの三角ロジックで考えしっかり伝える。
読了日:11月19日 著者:西村 克己
論理的な考え方が身につく本—問題解決力がアップする35の思考スキル

■バフェット流投資に学ぶこと、学んではいけないこと—個人投資家にとっていちばん大事なノウハウ
うーん....。ちょっと微妙な感じがしました。アンダーバリューと言う考え方を知る事ができたのは良いのですが答えがDCF法 他もいろいろ書かれてありますがアメリカ人なら面白い話(アメリカの税制など)ばかりで、面白さとしては「バフェットの株主総会」http://kaeru.orio.jp/blog/2009/06/book_18.html の方が面白かったです。
読了日:11月13日 著者:ヴァホン・ジョンジグヨン
バフェット流投資に学ぶこと、学んではいけないこと—個人投資家にとっていちばん大事なノウハウ

■大人の科学マガジン Vol.25(二眼レフカメラ) (Gakken Mook)
「二眼レフカメラ」を組み立てたよ! さぁー持ってお出かけしなきゃです♪
読了日:11月10日 著者:
大人の科学マガジン Vol.25(二眼レフカメラ) (Gakken Mook)

■週刊 ダイヤモンド 2009年 9/12号 [雑誌]
公称なんだろけど幸福の科学の信者数と、天理教の保有する文化財の凄さにびっくりしたです。 
読了日:11月08日 著者:
週刊 ダイヤモンド 2009年 9/12号 [雑誌]

■文章力の基本
あまりにも自分の文章力のなさを痛感して読みました。 読んでよかったです。基本は大事ですね。これからも頑張って読まれる文章書いていきたいと思います。
読了日:11月07日 著者:阿部 紘久
文章力の基本

 読書メーター - kaeru_onouさんの読書メーター