かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

リスクが手に余っております・・・・。

なかなか都合があわなかったのですが、
先日、やっと[書籍] 経済は感情で動くをお借りしていた、いしいさんに本を返す事ができました♪

そこでいしいさんと、リスクについて色々とお話する事になったんです。
で、相互リンクのぐっちさんもオススメ(私的おすすめ本のまとめ[投資編] | 投資十八番)されたいた本、リスク〈上〉amazon〈下〉amazonを、いしいさんも読まれたようです。

で、簡単に言いますとリスクというのは、将来のリスクを計算可能という人たちと、計算不可能という人たちがいるそうなんです。
が、その決着はついていないそうです。と言うことは将来のリスクは、今のところはっきりと判らないと言う事のようです。 僕も早く読んで勉強してみたいです。

あと、リスクと言うのは前提ひとつで。コロっと変わるそうです。 リスクやリターンと使っていますが、気を付けた方が良いことは確かなようです。
で、ちょっと気になっていたので、Twitterで色々と教えて頂きました♪

自分でもよく判らない答えになっていると思いますが、軽く読んで頂ければです・・・(汗)



僕なりのリスクのまとめ(間違っているのであまり気にしないで下さいデス♪)

よーするに、将来のリスクと言う計算できるか、できないかも判らない不確定なものを、将来の運用に使っていると言う事を知っておく必要がある。
そう言った事を多くの本で書かれていないのは問題かナーと思いました。 書いてあったのかも知れませんが、僕の頭に残っていないので僕としては非常に反省しなきゃです・・・・。

で、前提一つでころっと裏返るかもしれない、正規分布であってもベキ分布であっても、ちょー跳ねっ返りは出てくる可能性があるので、そこを突き詰めてもリターンに繋がる可能性や暴落に対処できる可能性は非常に低いように思います。
と言うか、僕にはきっと理解できない分野なので、諦める事にします。

僕としては、リスクについては難しい!でも、書きましたが標準±2σで考えておき、今後は以下に危ない時の減らさない運用にできるかが、やはり大きな課題かナーと思っています。
相場やタイミングは難しいと言うのは判るんですが、80才まで生きたとしたら、あと50年近く相場とつき合う事ができます。 勉強して実際に投資して何か自分なりの投資を見つける事ができればラッキーと思い、頑張ってみたいと思います。

そんな感じで、いしいさん、equilibristaさん、ありがとうございます♪