かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

アクティブファンドにも低コストの波が?(違いました)

インデックスファンド界に、[投信] DIAMから低コストの"たわらノーロード"と言うことで、あっと驚く低コストのインデックスファンドが登場してきてびっくりしましたが、アクティブファンド界にも、キャピタル・インターナショナル低からコストなファンドがやってきたようですが....。

  • キャピタル日本株式ファンドF
    信託報酬 : 0.68%(税抜)
    信託財産留保額  : なし
    決算  :年1回
  • キャピタル世界株式ファンドF
    信託報酬 : 0.68%(税抜)
    信託財産留保額  : なし
    決算  :年1回
  • キャピタル世界配当成長ファンドF
    信託報酬 : 0.68%(税抜)
    信託財産留保額  : なし
    決算  :年1回
  • キャピタル・グローバル・ボンド・ファンドF(限定為替ヘッジ)
    信託報酬 : 0.43%(税抜)
    信託財産留保額  : なし
    決算  :年1回
  • キャピタル・グローバル・アロケーション・ファンドF(限定為替ヘッジ)
    信託報酬 : 0.68%(税抜)
    信託財産留保額  : なし
    決算  :年1回

しかし良く見てみますと、以下のような注意書きがあり、すっかり調べる気が....。
どうやらラップ口座専用のファンドの様です。インデックスファンドでは、DC(確定拠出年金)専用ファンドが個人向けにおりてきていますが、この流れがアクティブファンドにも流れてくることを期待したいと思います。