かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

国際投信からバランスファンド・・・・

国際投信投資顧問は「グローバルETFオープン」を9月12日に設定する。

 同ファンドはETF(上場投資信託)であるiシェアーズ(iShares)を通じて幅広く分散投資をするもので、当面は 
 1) 新興国株式(資産配分:10%)
 2) インカム(20%)
 3) 先進国株式・国債(30%)
 4) インフレ対応(40%)──の4つの資産区分を選定し、この投資目的に適したiシェアーズを組入れる。年4回決算。
 iシェアーズはバークレイズ・グローバル・インベスターズ・グループが設定・運用するETFのブランド名。ファンドの詳細は以下のとおり。

   設定上限額:1000億円
   分類   :追加型証券投資信託/ファンド・オブ・ファンズ
   手数料  :2.1%(税込み)を上限に販売会社が決める
   信託報酬 :純資産総額に対し年率0.84%(税込み)
      *他に投資先となる指定投資信託証券の信託報酬等がかかる
   販売会社 :三菱UFJ証券、三菱東京UFJ銀行
国際投信、iシェアーズに投資する「グローバルETFオープン」を9月12日設定 | Reuters

毎月分配型で有名なグローバルソブリンの国際投信投資顧問から、ちょっと面白そうなバランスファンドが・・・・・。
どう言ったETFが組み入れられるか判らないのですが、組み入れファンドによっては・・・・・・?
セゾン投信のグローバル・バランスファンドが対抗になりそうな感じですね。

ただ、注意して欲しいのは、
 ・購入時手数料(無料ではない予感なので注意が必要ですね。)
 ・実質の信託報酬(1%を越えそうな感じなので注目です。)
 ・年4回決算(なんとなく分配がでそうな決算回数・・・・。無分配でゆっくりつき合いたいのに・・・・。)

僕としては、ちょっと買いにくそうなファンドですが、資産を組み合わせて投資する!って事の大事さが伝わって欲しいとは思います。
それにしても、色んなバランスファンドがまだまだ出そうなので、チェックするのは楽しそうですね。