かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

インデック投資とバリュー投資の特徴

バリュー株投資は「勝者のゲーム」!
ama.png

いやーあまりにも井手さんが、インデックス投資とバリュー投資をばさ!っと書いてくださっているので、メモしておきます。

僕が気になっているところを、赤い字で強調して見ました。

インデックス投資は「短期アクティブ」
インデックス投資っていうと、長期投資ってイメージがありますが、指数自体は多くの短期投資家の売買によって、常に上に下に動いています。
それを上手く使って、投資している僕たち自身が、長期投資に活用しているってことですよね。

指数を形成している多くの投資家さんに感謝です。


バリュー投資は「絶対リターン」
色んな考え方があると思いますが、僕としては「絶対リターン」は意識しています。 はい!預金に勝ちたいんです!!

割安と思いその企業に投資をしていますし、企業の収益力に着目していますので、将来、株価が評価されるのを期待しています。 ただ、それが市場より良い成績に繋がるかは判りませんが、少なくとも預金より良い利回りになると思っています。

あと、【ダウンサイド・リスクへの対応】とありますが、バリュー投資ではここが大事というか難しいポイントですよね。
どうしても相場の流れに耳を傾けてしまいガチになりますし、分析できないなりにではありますが、分析することによって、どうしても「良い銘柄に投資している」というバイアスに陥りがちになり、判断を見誤ることが多いかと思います。  

今のところ、単純に【好財務】×【収益力が高そう】×【見通しが明るそうなセクター】という見方で企業を選び、なんとなく割安だと思えるところで購入。ということでやっています。  今のところ、大きな間違いはしていないようです(汗
これからも、常に割安を意識して投資・企業を見ていきたいと思います。


 MPT専門家の「常識」バリュー株投資家の立場
バリューの根源キャッシュフロー(配当)ROE、EPS
理論(適正)株価将来の期待配当の割引現在価値予想EPS×平均PER
投資判断のよりどころ新古典派的市場均衡常識と経験則
市場の効率性をどのように認識高い高くない
投資対象市場株価バリュー(資産価値、利益)
割安銘柄の発掘困難いくつかの指標で簡単にできる
割安状態の存在せいぜい一時的、短期的しばしば長期的、永続的
運用スタイル短期アクティブないし、インデックス運用割安でなくなるまでバイ・アンド・ホールド(ルールによる運用)
投資・評価期間短期(1日〜1ヵ月)に見直し銘柄を頻繁に入れ替え不定(割安な間は保有)、結果的に中長期
株価変動パターンに対する認識ランダム・リターンは正規分布EPSの成長トレンドに沿って上昇、短期変動はノイズ、下落リスク小、上昇可能性大
主要なリスク要因短期のボラティリティ・ベータ元本割れ、倒産の可能性
ダウンサイド・リスクへの対応幅広い分散投資、アセット・ミックス、アセット・アローケーション戦術確定利付き的性格を併せ持った割安優良銘柄を中心に運用
株式の分散度幅広く(しばし100銘柄以上)特定少数の優良銘柄に集中(10〜30銘柄への分散で十分)
ベンチマーク幅広い市場平均指数と比べた相対的リターン絶対リターン(例えば長期金利プラスアルファ)
パフォーマンス市場平均を持続的に上回ることは困難市場平均を持続的に上回ることは非常にやさしい
ゲームの性格敗者のゲーム勝者のゲーム