かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

ムーンライトキャピタルに業務停止命令

今まで記事で取り上げたことはなかったのですが、気になってァンドのニュースがあったのでピックアップしてみたいと思います。

ムーンライトキャピタルという運用会社があります。
絶対収益を目標として2本ファンドを運用しています(昨年の2月からの運用ですが、綺麗な右肩上がりの運用です)。 まぁーその分手数料はちょっと高めですが・・・

購入単位が低い、ムーンライト・エイドスミニ・ファンドを見てみますと、
信託報酬は1.5225%、成功報酬として設定基準価格より上回っている間は21%という実績報酬型になっています。

気になる運用方法は、公社債+オプション・デイトレを組み合わせ、コツコツ利益を積み上げていくファンドなんです。
ただ、

金融庁は20日、投資運用業のムーンライトキャピタル(東京・千代田、竹村尚子社長)に対して、純財産額が5000万円を下回ったとして約1カ月間の業務停止と純財産額の回復などを求める業務改善を命じた。

 同社では赤字が続き、金融商品取引法が投信の運用会社に求めている純財産額5000万円の確保ができていないことを4月15日に金融庁に報告していた。

 金融庁によると、投信の運用会社が規定された金額を下回ったことで行政処分を受けるのは初めて。同社が運用する投資信託を購入している顧客に被害は出ないという。  金融庁、ムーンライトキャピタルに業務停止命令  :日本経済新聞

販売、純資産が伸びないことで経営が苦しいようです。
純財産額とは、資産の合計金額から負債の合計金額を控除して算出した額をいうようで、その額が運用会社では5000万円以上必要だそうです。

僕はチョクハンファンドを持っていますが、まだファンドの純資産の伸びなどで少し心配な面もあります。 しっかりと経営を気にしつつ、応援をこれからもしていきたいと思います。

気になる記事:
ムーンライト・エイドスファンドはチョクハンファンドには入らないかな? : 吊られた男の投資ブログ