かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

ROE (株主資本利益率) (2)

ROE (株主資本利益率)について補足というか具体例を少し・・・・。

これで、長期投資の有効性が少しでも判って頂けると嬉しいです。僕は書いていても、少し?な時がありますが・・・・(笑) よろしくです♪

早速ですが、ここに「カエル会社」と「おたまじゃくし会社」があります。

この2つの会社は、当初の【株主資本 1,000百万円】、【株式数 10,000株】 は、同じ会社です。ただ違うのROEが20%5%の違いがあります。

ROEの計算と言いますと、株主資本 × ROE = 純利益で求められます。

さて、「かえる会社」の1年目の成績とは申しますと、

株主資本1,000百万円 × ROE 20% = 200百万円 となります。

一方、「おたまじゃくし会社」の1年目の成績とは申しますと、

株主資本1,000百万円 × ROE 5% = 50百万円 となります。

いきなり大きな差がついたような気がしますよね。2社とも配当をせずに事業にお金を使うとします。

そうなると、利益は株主資本に加えられ、2年目がスタートとなります。

これの経営で5年がすぎますと、

カエル会社
株主資本利 益EPS
1,000百万円200百万円200円
1,200百万円240百万円240円
1,440百万円288百万円288円
1,728百万円346百万円346円
2,074百万円415百万円415円

おたまじゃくし会社
株主資本利 益EPS
1,000百万円50百万円50円
1,050百万円53百万円53円
1,103百万円55百万円55円
1,158百万円58百万円58円
1,216百万円61百万円61円

と、なります。結構な差が出てきたでしょうか。いつのまにか1株利益が約7倍となっています。

PER 20倍と仮定しますと、415×20=8,300円 かたや、61×20=1,120円 どうせ寝かせるなら、カエル会社がいいですよね〜。

もちろん株を5年も持ったことはないので、5年先の事はわかりません。ですが、頭の片隅にいれて銘柄を探しています。


関連エントリー

 ROE (株主資本利益率) (1)

 ROE (株主資本利益率) (2)

 ROA (総資産利益率)

 ROEを分解すると色々見える