かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

困ったテイクとシーズ

決算発表が終わって6月も過ぎました。ご存知かもしれませんが、打撃を受けたポートフォリオなんです。

処分を検討しなければいけない銘柄が 4331 テイクアンドギヴ・ニーズと、8921 シーズクリエイトが、あります。

結果から言いますと、シーズクリエイトは50,000円あたりで全部売却しました。T&G(テイク)は売って安く少し買ってみました。株数は減らしましたが......。

本当は手を切ったほうが良かったのでしょうが、まぁ〜期待と反省です。

同じ減益予想ですが、中身は大きく違うと考えていたので、言い訳がてら書いてみようと思います。

財務の安全性の違い。
株主資本比率は共に低い方に入りますが、方向性に違いが出ています。
  • T&Gは、内部の設備投資、新規事業の補強にお金を投資しようといます。配当についてもシーズクリエイトよりは低い配当性向です。
  • シーズクリエイトについては、前年度に大きく資金を借り入れています。その資金を中国の事業への投資は良いとして、短期間に自社株買い

    ×2を行うのはどうかと思います。少し先を見て経営して欲しいと感じています。

お金の動き方
どちらも成長企業と見られていたと思います。ですが、T&Gについては営業CFがプラスで推移していますし、17年度の負債の利率を確認してみますと、1.2%となっています。
一方のシーズクリエイトについては、不動産銘柄らしく営業CFはマイナスとなっています。負債も17年度では1,6%になっています。前年度はもう少し上がっていると予想されるので、さらに差は開いている感じかと思います。
指標でT&Gが有利っぽい......。
比べてみた指標は、ROAROIC(ただ今勉強中!!)、PCFREV/EBITDA倍率になります。見比べてみますとT&Gのほうが良かったです。業種等条件が全くちがいますが、とりあえず比べています。

以上の事から、困った銘柄を判断して上記の様な行動を取っています。

で、新しい銘柄を購入したのですが、どうなる事やらです......。

追記 6/11
今日またストップ安だったのですね・・・・。逆指し値が引っかかり売れていました。
若干のお小遣いを得ることができましたが駄目ですね。恥ずかしい対応ばかりしています・・・・(汗)
リバウンドするやら、大口が動くやらという思惑が大きく、結局は大口に動かされているようです。どんどん株主構成も駄目な銘柄になっていく気がします。
気持ちを入れ替えて、新しい銘柄に目を向けて行きたいと思います・・・(汗)