かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

Zスコアをちょっと見ておこう

危ない企業の判定にZスコアは使えるようだ。

ちょっとTwitterで話していて、危ない企業の判別方法について話題になり、Zスコアは、ROICを色々な角度見ているので、有効だと聞き、今のシートからすぐさせそうなので、チェック項目に追加しました。

下記のリンク先に詳しい説明があるのですが、式のチェック。
Zスコア= X1X2X3X4X5
 X1 1.2×運転資本の増加÷総資産
 X2 1.4×内部留保÷総資産
 X3 3.3×税引前営業利益÷総資産
 X4 0.6×発行済株式数×株価÷有利子負債
 X5 1.0×売上高÷総資産
 倒産危険度ランキングに思う - ■財務アナリストの雑感■  シーズン2
 判別分析による企業評価の事例 −アルトマンの企業倒産分析−
 で、スコアが2.99以上なら安全、1.81〜2.99なら倒産の可能性を否定はできない。
 そして、1.81以下ならかなり危険とされている判断になるそうです。

上の式を簡単に考えてみますと、X3の影響が大きそうですね、3.3倍しているので。 これってROAの考え方と基本的には一緒ですよね。 利益と総資産の関係なので。

で、この式を見ていてちょっと思ったのが、新興企業(特にIT企業など)は不利な感じがしますね。 株価は勝手に高い評価はされるし、内部留保はこれからしていく・・・・。ので。
なので、逆に考えますと、新興企業は株価を高い評価されない事と、内部留保を厚くしていくことが企業の価値を高める早道、そう言った企業を狙うのが良さそうな気もします。

参考になれば幸いです。 それにしても、ちょっと算出しようと思うと面倒ですね・・・・。